• 守備が嫌なので攻撃役に回りたい宵越!『灼熱カバディ』第2話
  • 守備が嫌なので攻撃役に回りたい宵越!『灼熱カバディ』第2話
2021.04.03

守備が嫌なので攻撃役に回りたい宵越!『灼熱カバディ』第2話

(C)2020 武蔵野創・小学館/灼熱カバディ製作委員会

2021年4月2日からテレビ東京ほかにて放送中のTVアニメ『灼熱カバディ』、その第2話の先行カット&あらすじが到着した。

TVアニメ『灼熱カバディ』は、武蔵野創によるスポーツ青春漫画を原作としたアニメーション作品。原作は現在、小学館の漫画アプリ『マンガワン』およびウェブコミック配信サイト『裏サンデー』にて連載中だ。
主人公・宵越竜哉はサッカーの名選手でありながら、高校入学を機にスポーツとは縁を切ってしまうが、とある運動部からの勧誘を受ける。その競技は「カバディ」!
「走る格闘技」とも呼ばれるインドの国技に打ち込む高校生を描いた本作が、いよいよ2021年にアニメとなって動き出す。

第2話は4月9日より順次放送予定。
あらすじ&先行カットはこちら!

<第2話 「繋がる男たち」>
守備(アンティ)の練習はやりたくないと断る宵越。
その理由とは守備同士が手を握るフォーメーション、通称『チェーン』。
男同士で手を握りたくないと守備を拒むものの、攻撃の成功率はゼロ。
だが、二年の水澄京平と伊達真司、そして井浦を観察したことで必勝法を思いついた宵越は攻撃でハットトリックを決めると宣言する。



>>>『灼熱カバディ』第2話の先行カットを全部見る(写真14点)

(C)2020 武蔵野創・小学館/灼熱カバディ製作委員会

アニメージュプラス編集部