• 生誕50周年企画最大のサプライズは庵野秀明監督『シン・仮面ライダー』
  • 生誕50周年企画最大のサプライズは庵野秀明監督『シン・仮面ライダー』
2021.04.04

生誕50周年企画最大のサプライズは庵野秀明監督『シン・仮面ライダー』

衝撃的なティザービジュアルも公開 (C)石森プロ・東映

4月3日午後7時30分から開催された「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」で、庵野秀明氏が脚本・監督を務める『シン・仮面ライダー』の制作決定が発表された。

会見がスタートした日時は、50年前の同日同時刻にシリーズ第1作第1話である「怪奇 蜘蛛男」が放送された、まさにメモリアルなタイミングだ。
生誕50周年「仮面ライダー」メモリアル映像が流され、東映代表取締役社長・手塚治氏の挨拶のあと、仮面ライダーW(ダブル)』の正当な続編であるコミック『風都探偵』のアニメ化を東映テレビ企画制作部長・塚田英明氏が、白石和彌監督によるリブート企画『仮面ライダーBLACK SUN』の制作決定を東映取締役 コンテンツ事業部門担当・吉村文雄氏が発表し、続く東映取締役 テレビ第二営業部部長の白倉伸一郎氏より、もう一つの隠し玉というべき新企画のタイトルが明かされた。▲『風都探偵』アニメ化を発表する塚田氏

▲リブート企画『BLACK SUN』について語る吉村氏

「本日発表させていただく生誕50周年企画において最大級の作品と自負しております。全人類に向かって放つ作品でございます」

と前置きされて流されたのが『シン・仮面ライダー』の超特報。シリーズ第1作をベースにした完全新作・オリジナル劇場作品として制作、2023年3月に劇場公開されるという。
同時に公開されたティザービジュアルは、同作に参加する前田真宏氏の手によるもの。ロングコートに身を包み、傷を負った左腕をかばって歩くライダーの姿が描かれている。どうやらベルトのデザインも変わっているようで、ここからも新たな仮面ライダーへの期待が高まってくる。

▲シークレットにされていた新企画『シン・仮面ライダー』について説明する白倉氏

石森プロ代表取締役社長・小野寺章氏、庵野秀明監督のコメントを挟んで、改めて白倉氏が今回発表の3企画に関してこう語った。
「今後も様々な形で生誕50周年企画が展開されていきますが、現行作品に紐づかないのがこの3作になります。では何故この3作かというと、原作の石ノ森先生がマンガで描いた2作――初代仮面ライダーと『BLACK』を完全新作で作り変える、そして石ノ森先生の原点に戻ってのマンガ化である『風都探偵』こそが50周年企画に相応しい、と選ばせてもらいました」

(C)石森プロ・東映

アニメージュプラス編集部