• ジブリめしが本に!『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』
  • ジブリめしが本に!『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』
2021.04.05

ジブリめしが本に!『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』

(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

主婦の友社は、スタジオジブリ初のフル3DCG作品として注目の映画『アーヤと魔女』<企画:宮﨑駿、監督:宮崎吾朗、4月29日(木・祝)全国ロードショー>に登場する食べ物や、作品の世界から着想を得て考案したお菓子などの食べ物を、簡単でわかりやすいレシピで紹介した『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』を2021年4月28日(水)に発売する。

スタジオジブリの作品には「わあ、おいしいそう! 一度食べてみたい!」と思う食べ物がたくさん登場する。「ジブリめし」と称して作品中の食べ物を再現して楽しむ人が後をたたないほど、ジブリ作品における「食」は魅力にあふれている。本書は、ジブリの作品から生まれた初めての料理レシピ本であり、『アーヤと魔女』の劇中に出てくる食べ物と、作品世界からイメージして制作した本書オリジナルの食べ物をレシピとともに紹介。3DCGのアニメ画像を豊富に使い、まるで『アーヤと魔女』の世界に遊びに来たようなワクワクを感じながら、親子で作って、食べて、楽しめる「子どもりょうり絵本」となっている。

また、アーヤと魔女ベラ・ヤーガと黒猫のトーマスがキッチンでポーズをとる表紙絵は、宮崎吾朗監督がこの本のために特別に描き下ろした一枚となる。

◆本書で紹介する食べ物
<RECIPE01> 「聖モーウォード子どもの家」のシェパーズパイ 
<RECIPE02> いたずらシーツのマシュマロおばけ●
<RECIPE03> ベラ・ヤーガのじゅもんグミ●
<RECIPE04> シルバー・ハインズのフィッシュアンドチップス 
<RECIPE05> アーヤと黒ネコトーマスの魔法ジェルドリンク●
<RECIPE06>  アフタヌーンティーのカラフルカップケーキ
<RECIPE07> 黒ネコトーマスのさくさくクッキー●
<RECIPE08> 「ボーイスカウトが作ったまともなあげやきパン」 
<RECIPE09> ???????の??????●
<RECIPE10> 魔女の家のクリスマスディナー(クリスマスプディング、クラムチャウダー●、クラッカーのリースサンド●)
※(●)のレシピは、映画からイメージして制作したオリジナルレシピ
※RECIPE9の「???????の??????」は第2弾プレスリリース(4月下旬)で公開予定

◆ツイッターキャンペーン
4月2日(金)~15日(木)の14日間、本書で紹介している映画『アーヤと魔女』の作品世界からイメージしたお菓子のなまえを当てるキャンペーンをツイッター上で実施する。応募者の中から、抽選で15組30名に映画『アーヤと魔女』のムビチケ前売り券(オンライン)、10名に『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』をプレゼントする。

・期間:2021年4月2日(金)~15日(木) 23:59
・当選者数とプレゼント:
 A.15組30名:映画『アーヤと魔女』のムビチケ前売り券(オンライン)
 B.10名:書籍『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』
・当選発表:当選者の方にのみツイッターのDMで連絡。
・応募方法:主婦の友社公式ツイッターアカウント(@shfntm_PR)をフォローし、ハッシュタグ「#ジブリの食卓」とともにクイズの答えの番号を書いて、該当のキャンペーンツイートを引用RTすれば応募完了。

◆クイズ内容:映画のあるシーンに登場する生き物をユニークでおいしいお菓子にしました。さて、その名前はなんでしょう?(写真はお菓子の部分を隠している)

【1】にょろにょろヘビのゼリー
【2】ぐねぐねミミズのプレッツェル
【3】ころころイモムシのグミ
【4】ゆらゆらチンアナゴのチョコレート

★キャンペーン詳細ページ>>>

◆『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』
・監修:スタジオジブリ
・編集:主婦の友社
・料理:祐成二葉
・定価:1,540円(10%税込)
・サイズ、ページ数:B5変、64ページ
・発売日:2021年4月28日(水)

◆料理/祐成二葉
料理家、フードコーディネーター。ドイツ国立マイスター校卒業。5年間のヨーロッパ留学を経て、1988年「祐成陽子クッキングアートセミナー」のメイン講師に就任。フードコーディネーターや料理家を育成し、現在活躍する多くの人気料理家を輩出している。また、プロ向けの本から初心者向けの本まで数多く手掛け、出版、広告、TV等はもちろん、イベントや食育の講習会、親子で通える料理教室など、活躍の場を広げている。

(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

アニメージュプラス編集部