• オーディション秘話が続出!『Fairy蘭丸』メインキャスト座談会
  • オーディション秘話が続出!『Fairy蘭丸』メインキャスト座談会
2021.04.15

オーディション秘話が続出!『Fairy蘭丸』メインキャスト座談会

5 to HEAVENのメンバー。左からバレッタ裕さん、草野太一さん、坂田将吾さん、田邊幸輔さん、堀 曜宏さん

4月8日から放送を開始したTVアニメ『Fairy蘭丸~あなたの心お助けします~』。5人の夭聖(ようせい)たちが人間の心を救っていくという話だが、早速その不思議な物語に夢中になっている人も多いのでは? そんな同作でメインキャストを演じている坂田将吾さん、田邊幸輔さん、バレッタ裕さん、草野太一さん、堀 曜宏さんの5人で作られたユニット “5 to HEAVEN” 。アニメのOP・ED曲を担当するだけでなく、YouTube番組『お助けHEAVEN』でも活躍している彼らに、インタビューを実施。アニメ出演に至った経緯や5人のチームワークが形成されていった裏話をお伺いした座談会の様子をお楽しみください。
>>>作品のキービジュアルと5 to HEAVENのメンバーのカットを見る(写真4点)

▲左から清怜うるう(声:バレッタ裕)、陸岡樹果(声:草野太一)、阿以蘭丸(声:坂田将吾)、歩照瀬焔(声:田邊幸輔)、雅楽代寶(声:堀 曜宏)

――皆さんはオーディションで役が決まったのでしょうか?

坂田 そうです。僕はオーディションをうるうくんで受けていたので、当日に「この台詞を読んでみて」と言われた蘭丸くんに決まった時は驚きましたね。しかも主役!

田邊 アニメのタイトルにもなってるからね。『Fairy蘭丸』って。

 実は最初、タイトルは『F-RUN』だけだったんですよ。

草野 なんの“RUN”か分からなかった。

バレッタ 「“RUN”=走る」だから、走るアニメなのかなって思っていたくらいです(笑)。

田邊 主人公の名前がタイトルに入っているのも最近のアニメでは珍しいなと思いましたね。それから、僕と同期の二人も一緒だったことにも驚きました。二人の声質もよく知っているので、キャラクターに合っているなと思ったし、心強かったですね。

草野 なんか恥ずかしいな(笑)。

坂田 僕、蘭丸っぽかった?

田邊 キャラクターっぽいというよりも声質が蘭丸にピッタリだなと思った。

草野 坂田くんから蘭丸の声が聴こえてきそうなイメージだったよね。

坂田 そっか(照笑)。

田邊 樹果も草野くんの声がピッタリイメージできました。誰よりも人の良いところを見つけるところとか。

 アフレコが進むにつれて、草野くんが樹果くんにマッチし過ぎて。樹果くんが草野くんに見えてくる瞬間があったくらい(笑)。

草野 えーっと。褒められ慣れてないから恥ずかしい。でも嬉しいな。

バレッタ 僕もうるう役に決まった時驚きました。オーディションでは自己PRの後、台詞を言う流れだったんですけど、この時、今までにないくらい自己PRで訳分からないことを言ったんですよね(笑)。というのも、このオーディションの前に初めて占いに行ったんです。その占いで「〇月の中旬になったら、声優・役者活動の中で何か大きなことが起こりますよ」と言われまして。

一同 へえ~。

バレッタ 自己PRの時に「と言われたので、僕はそれがこの作品だと思っています。そのくらい気合が入っています。ぜひよろしくお願いします」と言ったんですよ。

一同 カッコイイ!

 僕はオーディションでは焔を受けていたんです。これまでもどちらかというとオラオラ系が多かったので、「焔を頑張ろう!」と受けたら、「寶さんもやってみて」と言われまして。しかも「博多弁でやってみて」と。

一同 えっ!?

 僕自身、出身が福岡だったので、とっさにやってみたんですけど、急にだったので「厳しいな」と思いつつ、やらせてもらいました。その後、深夜にマネージャーさんから寶役に決まったと連絡があった時は驚きました。

――かなりチームワークの良い5人ですが、最初から?

田邊 アニメのオンエア前には全話収録が終わっていたので、今はもう空気感が出来上がってますね。

坂田 バレッタさんや堀さんら先輩たちが優しくて、いじらせてくれるからやりやすかったよね。年上ではあるんですけど、1つ上くらいの感覚です。

草野 僕も年齢を聞くまではそう思ってました。

バレッタ 5人の仲が良いというよりも、『F蘭』の現場の雰囲気そのものが温かいんです。監督、スタッフ、ゲスト声優も含め、みんなね。

 大人が面白がっているのが良いんだよね。収録していても、マイクの向こう側で爆笑している反応が、嬉しくもあり不安でもあり(笑)。

草野 まだネタバレになるので言えないですけど、豪華なゲストになっています。その方たちとも、控室で一緒になると、先輩たちから話しかけてくれて、いろんなお話を聞けたのも貴重な経験になりました。

 時勢的に一緒に芝居できなかったのは残念だったけど、本当は一緒に収録して勉強させてもらいたかった。

坂田 頑張って『F蘭』を盛り上げて、2期が作られるようになる頃には、みんなで一緒に収録できるといいね。

 その時は5人で先輩たちにぶつかっていきたいね。

(C)馬谷たいが/F蘭製作委員会

アニメージュプラス編集部