• 「超声優祭2021」声優×講談師が司馬遼太郎『菊一文字』を披露!
  • 「超声優祭2021」声優×講談師が司馬遼太郎『菊一文字』を披露!
2021.04.17

「超声優祭2021」声優×講談師が司馬遼太郎『菊一文字』を披露!

声優×講談師、新しい形で紡ぐ朗読劇シリーズ「STORY LIVE新選組」 司馬遼太郎『菊一文字』を「超声優祭2021」で異色の再現

ドワンゴは、インターネットの祭典「ニコニコネット超会議2021 Supported by NTT」併設の「超声優祭2021 Powered by dwango , Supported by ディズニープラス」にて、4月25日(日)18時から『声優×講談師 - 新しい形で紡ぐ朗読劇シリーズ「STORY LIVE新選組」司馬遼太郎「菊一文字」』と題した番組を生配信する。

「講談」とは、日本の伝統芸能のひとつ。演者は、高座(芸を演じる舞台)に置かれた「釈台(しゃくだい)」という小さな机の前に座り、「張り扇(はりおうぎ)」と呼ばれる専用の扇子をリズミカルに叩いて調子を取りながら、軍記ものなど、歴史にちなんだ読み物を読み上げる。

本番組は、新選組の沖田総司が愛用したと伝わる名刀「菊一文字則宗」にまつわる秘話を、声優の浪川大輔(近藤勇)、岡本信彦(沖田総司)、佐藤拓也(土方歳三)が演じ、講談師の宝井琴調(たからい きんちょう)、神田春陽(かんだ しゅんよう)が物語の世界を伝統の話芸で再現する。また『菊一文字』をより楽しむために、番組の中では講談師・神田真紅(かんだ しんく)による「解説 新選組」も一席講じられる。

講談社、GAORAとともに、時代小説の傑作「菊一文字」(司馬遼太郎「新選組血風録」収録)を、声優と講談師という、声を生業にした異色の組み合わせでお届けする本番組。開催を楽しみに待とう!

>>>声優と講談師の出演者を見る(写真4点)

アニメージュプラス編集部