• 『マンダロリアン』元ジェダイのアソーカ・タノが堂々の立体化!
  • 『マンダロリアン』元ジェダイのアソーカ・タノが堂々の立体化!
2021.04.21

『マンダロリアン』元ジェダイのアソーカ・タノが堂々の立体化!

(C)& TM Lucasfilm Ltd.

ホットトイズの「テレビ・マスターピース DX」シリーズにて、ドラマ『マンダロリアン』より、「1/6スケールフィギュア アソーカ・タノ」が発表された。

『マンダロリアン』は『スター・ウォーズ』初の実写ドラマシリーズ。帝国が崩壊した後にバウンティハンター(賞金稼ぎ)として生きる、一匹狼の凄腕ガンファイターことマンダロリアンの姿を描く物語だ。
本作に登場するアソーカ・タノは、かつてアナキン・スカイウォーカーに師事した元ジェダイ・パダワン。オーダー66の発令によるジェダイの粛清を辛うじて逃れ、反乱勢力に参加して銀河帝国を相手に戦った。銀河帝国の崩壊後は、各地に散らばった帝国の残党を倒しつつ、スローン大提督の居場所を探している。森林惑星コルヴァスの街カロダンを帝国の残党による支配から解放するために活動していたところ、ボ=カターンからの情報をもとにやって来たマンダロリアン(ディン・ジャリン)とザ・チャイルドに出会い、彼らに次に進む道を指し示すのだった。

そんなアソーカ・タノを、全高約29センチ、28カ所以上が可動するハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化!
新規造形となるヘッドは、トグルータ特有の色素からなるオレンジとホワイトの皮膚の質感を再現すべく、一つひとつハンドペイントで塗装が施されている。また、最も大きな特徴である頭部の角のようなモントラルや、下方に伸びるヘッドテールも再現。ヘッドテールはワイヤーを内蔵し、動きをつけることが可能だ。

さらに彼女の特色である表情の豊かさを表現するため、自由な視線変更ができる眼球可動ギミックを搭載。コスチュームは、細かな模様が入ったグレーの衣服、着脱可能なポンチョ、装飾品が付いたベルト、ガントレットやレッグ・プロテクターなど、質感やディテールにこだわり、細部に至るまで精巧な仕上がりだ。

武器として、白い光刃のライトセーバー2本が付属。光刃パーツは差し替えることで、ライトセーバーを振った状態の表現が可能。多彩な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、劇中のさまざまなアクションを楽しめる。
台座は、カロダンを支配する監督官邸の中庭が造形され、バックボードが付く特別仕様だ。

また、通常販売アイテムに加え、ボーナスアクセサリーとしてグローグー(ザ・チャイルド)や豪華アクセサリーが付属する、ホットトイズのフラッグシップ・ストア「トイサピエンス」限定アイテムもラインナップ。こちらも合わせてチェック!

アニメ作品で活躍し、『マンダロリアン』にて初の実写化を果たしたアソーカ・タノ。彼女の魅力を存分に封じ込めた、まさに「決定版」といえる本アイテムはフォースを感じる逸品!
ホットトイズがプライドと愛情を込めて贈る、1/6スケール『スター・ウォーズ』シリーズの今後のラインナップにも注目だ。

>>>ラインナップや表情、ポーズサンプルなどを見る(写真12点)

(C)& TM Lucasfilm Ltd.

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事