• 『ブルリフR』第4話あらすじ&先行カット 強くなるカギは『共鳴』
  • 『ブルリフR』第4話あらすじ&先行カット 強くなるカギは『共鳴』
2021.04.26

『ブルリフR』第4話あらすじ&先行カット 強くなるカギは『共鳴』

(C)コーエーテクモゲームス/AASA

4月9日(金)より “アニメイズム” 枠にて放送中のTVアニメ『BLUE REFLECTION RAY/澪』の第4話あらすじ&先行カットが到着。さらにノンクレジットOP映像が公開された。

本作の原作はコーエーテクモゲームスのガストブランドより2017年に発売された『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』。イラストレーター・岸田メルの繊細なタッチで描かれた、少女たちの等身大の青春模様が好評を博した作品だ。同作を原点に、新たな少女たちの物語が紡がれる。

第4話は4月30日(金)よりMBS/TBS/BS-TBS “アニメイズム” 枠にて放送開始。
リフレクターとしての活動に都も加わり、4人での活動をスタートさせることに。都を仁菜と詩から救いだした時に出た強い力は『共鳴』だとモモから聞いた陽桜莉と瑠夏。リフレクターとして強くなる為、『共鳴』できるようにと陽桜莉と瑠夏はお互いのことを知ろうとする。まるで対照的な2人、果たしてまた『共鳴』することができるのか?
あらすじ、先行カットはこちら!

<第4話 「ないものねだり」 >
自分の想いを守ってもらった都は、陽桜莉たちに協力を申し出る。都の決意は固く、すでに家を出て入寮の手続きも進めているという。熱い想いを受け取った陽桜莉たちは、モモを含めた4人での活動をスタートさせる。リフレクターとして、より強くなる為には『共鳴』が重要だと知った陽桜莉と瑠夏は、お互い歩み寄ろうとするが…。

>>>『BLUE REFLECTION RAY/澪』第4話先行カットを全て見る(写真11点)

(C)コーエーテクモゲームス/AASA

アニメージュプラス編集部