• 『七つの大罪 憤怒の審判』第16話 絶体絶命のエスカノールに救いの手が!
  • 『七つの大罪 憤怒の審判』第16話 絶体絶命のエスカノールに救いの手が!
2021.04.26

『七つの大罪 憤怒の審判』第16話 絶体絶命のエスカノールに救いの手が!

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

2021年1月13日より放送中のTVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』、その第16話の先行カット&あらすじが公開された。

『七つの大罪 憤怒の審判』は、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載され、累計3700万部を突破した鈴木央による大人気ヒロイック・ファンタジー漫画『七つの大罪』を原作としたTVアニメの新シリーズだ。

第16話は4月28日(水)よりテレビ東京系にて夕方5時55分から、BSテレ東にて深夜0時30分から放送開始。あらすじ&先行カットはこちら!

<第16話 「最終戦争」>
ゼルドリスを依り代に復活した魔神王、そして魔神王が召喚した魔獣インデュラ──〈七つの大罪〉と魔神王の戦いの火蓋は切って落とされた。
メリオダスとエリザベスは、魔神王と化したゼルドリスを救うべく戦う。エリザベスは女神族の力を解き放ち、本来の強さを見せつける。また、激化していくインデュラとの戦いでは、〈七つの大罪〉が得意技を組み合わせて抵抗を続ける。
一方、インデュラの幼体が現れたリオネス城では、エスカノールたちが絶体絶命の危機に陥る。そこに救いの手を差し伸べたのは……〈四大天使〉マエル! エスカノールは仲間のために、再び「太陽」の魔力を取り戻す。

【各話スタッフ】
脚本:池田臨太郎/絵コンテ:殿勝秀樹/演出:殿勝秀樹/作画監督:飯飼一幸、森悦史、藤木泰史、片岡恵美子、于慧海、陳潔琼、胡威、王敏/総作画監督:武志鵬

>>>『七つの大罪 憤怒の審判』第16話先行カットを全部見る(写真7点)

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

アニメージュプラス編集部