• 「アニメージュとジブリ展」島本須美がナウシカ役の再演を熱望!
  • 「アニメージュとジブリ展」島本須美がナウシカ役の再演を熱望!
2021.05.04

「アニメージュとジブリ展」島本須美がナウシカ役の再演を熱望!

4月15日のオープニングセレモニーでの島本須美さん(左)。横に展示されているのはアニメージュ84年4月号の表紙を飾ったナウシカのセル画 撮影/大山雅夫

4月24日まで松屋銀座で開催されていた「アニメージュとジブリ展」で音声ガイドナビゲーターを務めている島本須美さん。『ルパン三世 カリオストロの城』のゲストヒロイン・クラリス役や『風の谷のナウシカ』の主人公・ナウシカ役を演じた島本さんの声の参加は、本展覧会に足を運ぶファンにとって何よりのプレゼントとなったはずだ。

そこでオープニングセレモニーに出演された島本さんにお時間を戴き、改めてアニメージュとの思い出、また『ナウシカ』への熱い思いを語って頂いた。

-―島本さんが「アニメージュ」という雑誌を知ったのはいつでしょうか。

島本 さすがに創刊時は知りませんでした、すみません(笑)! 多分「アニメグランプリ」の存在を知った時だと思います。「何か、クラリスが人気あるらしいよ?」みたいな話が漏れ聞こえて来たような感じでした。決定的だったのは、やっぱり『(風の谷の)ナウシカ』です。

――多分、島本さんが本誌に初登場されたのは、このページだと思うんです(と、島本さんがナウシカ役に決定したことを発表した84年3月号の記事コピーを見せる)。

島本 わあ、懐かしい! 若いわァ(笑)。

――『カリオストロの城』の時に本誌が取材していなかったのは、今から考えると意外な感じもしますね。

島本 取材なんてもう全然。ただの新人ゲスト声優でしたから。作品自体も、劇場公開時よりもテレビ放映後に人気が出ましたし。

――ですがその後、作品の認知と共にゲストヒロインであるクラリス、島本須美さんの人気も一気に高まりました。その流れを経てのナウシカ役決定だったで、自分も含めてアニメファンは大いに注目しました。

島本 ウフフ、80年代って感じですね。

――島本さんとナウシカの出会いは、どういうところから。

島本 当時出ていた『ナウシカ』の原作をファンの方から送って頂いて読んでいまして、その時から「(ナウシカ役を)やりたい!」と思っていました。ですから、決まった時にはすごく嬉しくてね。

――それは、やはり『カリオストロ』を手がけた宮崎監督の原作だから?

島本 それもあるんですが、ナウシカの佇まいに私はジャンヌ・ダルクのイメージを重ねていたんです。役者として一度ジャンヌ・ダルクを演じてみたい、という思いをずっと抱えていたものですから、「これはもう絶対にやりたい」と。

――オーディションの時のことは覚えていらっしゃいますか。

島本 実は当日に風邪をひいてしまってオーディションは受けられなかったんですが、別日にクシャナ役の榊原良子ちゃんと一緒に受けることができたんです。それで決まって……もう本当に良かった!

――お二人のコンビネーションがその時からバッチリだったんですね。

島本 ありがとうございます。おそらく声のバランスも良かったんでしょうね。

アニメージュプラス編集部