• 最強恐竜の骨格が蘇る!究極のティラノサウルスキットが新発売
  • 最強恐竜の骨格が蘇る!究極のティラノサウルスキットが新発売
2021.04.29

最強恐竜の骨格が蘇る!究極のティラノサウルスキットが新発売

最強恐竜の骨格が蘇る!究極のティラノサウルスキットが新発売

学研ホールディングスのグループ会社、学研プラスは、2021年4月29日(木)に『科学と学習PRESENTS』シリーズの新刊『ティラノサウルス1/35骨格模型キット&本物の大きさ特大ポスター』を発売する。

学研の『科学と学習PRESENTS』シリーズは、科学の組み立てキットと、実験・観察の方法を詳しく紹介したガイドブックが付いたセット。生きものの飼育、ヒトの体、星の動きなど、理科の授業で習う科学のテーマがそろった、自由研究にもぴったりのシリーズだ。キットを使って自分の手を動かして実験することで、子どもたちの不思議に思う気持ちや自然への好奇心を育てる。

今回は本シリーズに、究極のティラノサウルスキットが登場! 細部までリアルに再現された骨格模型と、頭骨の一部の実物大ポスター、最新の研究成果満載のガイドブックを通じて、最強恐竜のすべてがわかる注目のセットだ。

骨格模型は、日本を代表する恐竜造形作家の荒木一成氏が原型を製作。全部で17個の骨格パーツと台座の部品からなり、簡単な組み立てで全長約40cmの大迫力模型が完成する。躍動感あふれる姿と、わずかに青みがかった黒いボディーの質感は、大人の恐竜ファンも満足する仕上がりだ。あごが可動式なため、口の開き具合を調節することで違った表情が楽しめる。

付属の「本物の大きさ特大ポスター」では、ティラノサウルスの頭骨化石(上顎部分)をA1サイズのポスターに実物大で掲載。最強恐竜の大きさをリアルに体験できる。

ガイドブックは恐竜ファンの子どもたちに大人気の小林快次博士(北海道大学総合博物館教授)が監修。最強の戦闘能力のひみつから、最新の研究からわかった生態まで、詳しく解説している。ティラノサウルスの実物骨格写真や美しい生体復元イラストも掲載している充実の内容で、自由研究や調べ学習にもぴったりだ。

>>>セット内容や組み立て図などを見る(写真7点)

アニメージュプラス編集部