• 警視庁特殊救助隊で運用中『日野 レンジャー』1/43スケールで初のモデル化!
  • 警視庁特殊救助隊で運用中『日野 レンジャー』1/43スケールで初のモデル化!
2021.05.09

警視庁特殊救助隊で運用中『日野 レンジャー』1/43スケールで初のモデル化!

(C)HIKOSEVEN Co.,Ltd.

ヒコセブンは、オリジナルブランド「RAI'S」から、レジン製1/43スケール(約18cm)、『日野 レンジャー 2017 警視庁警備部特殊救助隊特型機動救助車両(SRT)』を2021年5月7日より直営店の「モデルギャラリーHIKO7」及び全国模型取扱店にて予約開始する。

「RAI'S」は警察車両をメインとするシリーズで、各県や車両ごとに違う県警文字の書体から、コールサイン、車体内部のナビ画面や無線機といった装備の細部に至るまでモデルカーでできる限り再現。実車に存在しない車両はモデル化しない、完全限定生産モデルブランドだ。

「SRT」警視庁特殊救助隊は、東日本大震災を機に発足された、警察組織としては初の災害救助の専門部隊。今回モデル化する日野 レンジャーの特型機動救助車両は、そのSRTで運用されている車両だ。
機動隊の車両として全国配備されている青白のレスキュー車と装備はほとんど同じではあるものの、車体が部隊色の緑になっている。
車体には大型のクレーンやウィンチ、ハシゴなどを装備し、災害救助を主な目的としていることから消防で使用されている救助工作車に近い造りとなっているため、警視庁の部隊ではあるが、国内外問わず大規模災害が発生した際には派遣され救助活動を行っている。

「RAI'S」のラインナップは、すべて1度限りの限定生産モデル。本商品は500台の限定生産となっている。

>>>SRTを後ろから上から見る(写真5点)

(C)HIKOSEVEN Co.,Ltd.

アニメージュプラス編集部