• 松本零士&高橋陽一のアートが飾るオリンピックのラッキーキャット!
  • 松本零士&高橋陽一のアートが飾るオリンピックのラッキーキャット!
2021.05.12

松本零士&高橋陽一のアートが飾るオリンピックのラッキーキャット!

(左から)松本零士さん、高橋陽一さんとコラボした「ラッキーキャット東京エディション」。左腕にはサインもプリントされている (C)2021, 【公式】オリンピックヘリテージコレクション all right reserved WAGTI.jp                                                  (C)2021, 【公式】オリンピックヘリテージコレクション all right reserved WAGTI.jp

国際オリンピック委員会とのライセンス契約により、アートを通してオリンピックの歴史を表現するプロジェクト「オリンピックヘリテージコレクション」の新商品、「ラッキーキャット東京エディション」が現在発売中だ。

「ラッキーキャット東京エディション」とは、日本で幸運の意味を持つ伝統的な陶器 “招き猫” と日本が世界に誇る文化 “漫画” を掛け合わせた特別なオリンピックアートコレクション。日本開催というタイミングでの記念すべき作品を手掛けるのは、『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』などの作品で知られるレジェント的存在の松本零士さん、そして世界中で愛され続けているサッカー漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一さんだ。

日本が戦後からの復興をアピールする場となった1964年開催の第18回オリンピック競技大会は、松本氏にとっていまだ鮮明に記憶に残る体験であったという。今回は「水泳」をモチーフにして、特別なアートワークを表現。一方、高橋氏は第32回オリンピック競技大会に向けて、日本の国旗の日の丸をサッカーボールで表現。サッカーを通して、すべてのオリンピック・パラリンピック選手の成功を応援する特別なメッセージをアートワークで表現している。

それぞれ激動の時代となった「東京オリンピック」の昔と今、「東京1964」と「東京2020」をつなぐ2体のラッキーキャットは、まさに時代を超える貴重な記念コレクションになりそうだ。


>>>商品の詳細写真、松本零士さん、高橋陽一さんの写真を見る(写真7点)


(C)2021, 【公式】オリンピックヘリテージコレクション all right reserved WAGTI.jp

アニメージュプラス編集部