• 『キングダム』3期第7話 怒りと同情、今なすべきことは
  • 『キングダム』3期第7話 怒りと同情、今なすべきことは
2021.05.14

『キングダム』3期第7話 怒りと同情、今なすべきことは

(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

2021年4月4日より放送中のTVアニメ『キングダム』(第3シリーズ)、その第7話の先行場面写真&あらすじが到着した。

本作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて大人気連載中の原泰久による漫画『キングダム』を原作としたTVアニメ。原作コミックスは既刊累計7000万部を突破し、2019年4月には初の実写映画化が大ヒットを記録、社会現象となった。

ストーリーは春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV.森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・嬴政(えいせい)(CV.福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンで、TVアニメ第1シリーズはNHK BSプレミアムにて2012年6月から2013年2月に、第2シリーズは2013年6月から2014年3月まで放送。
第3シリーズはNHK総合にて2020年4月から放送開始となったが、コロナ禍によりいったん放送を中断。2021年4月4日より第1話からリスタートする形で放送が再開された。
物語は『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる合従軍編(がっしょうぐんへん)に突入。秦国の王都である咸陽(かんよう)へ迫りくる合従軍の猛威に対し、秦国が立ち向かっていくという壮絶なストーリーが描かれる。

その第3シリーズ第7話は、5月16日(日)24:10よりNHK総合にて放送予定。あらすじ&先行場面写真はこちら!

<7話 「穴だらけの荒野」>
恐るべき執念で命尽きるまで戦う兵たちを振り切り、ついに信が趙軍の将・万極(まんごく)のもとへと辿り着いた。数多の “怨念” を背負う禍々しい姿を見た信は、万極がかつて “長平(ちょうへい)” の地で、 “秦六将(しんろくしょう)” の白起(はくき)が行った大虐殺から逃れた生き残りだと知る。
凄まじい憎しみから秦国の民を無差別に殺してきた万極に激しい怒りとともに同情の思いも抱く信。その脳裏に、戦乱の世を終わらせるための “答え” を持つ者と、今自身がなすべきことがよぎる。

【スタッフ】
脚本:宮下隼一/絵コンテ:佐藤清光/演出:川西泰二/作画監督:中村深雪、北村友幸、武智敏光、大竹紀子

また、ノンクレジットOP・EDムービーもTVアニメ『キングダム』公式YouTubeチャンネルにて公開。こちらも合わせてチェック!

>>>『キングダム』第7話先行場面写真、ノンクレOPEDカットを全て見る(写真11点)

(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

アニメージュプラス編集部