• 『機動警察パトレイバー』の「イングラム1号機」「98式特型指揮車 2台セット」が青島文化教材社より発売!
  • 『機動警察パトレイバー』の「イングラム1号機」「98式特型指揮車 2台セット」が青島文化教材社より発売!
2021.05.17

『機動警察パトレイバー』の「イングラム1号機」「98式特型指揮車 2台セット」が青島文化教材社より発売!

(C)HEADGEAR

青島文化教材社の「ACKSシリーズ」として「フォワードとバックアップは一心同体!」のセリフも懐かしい『機動警察パトレイバー』より、主役メカの『1/43 AV-98 イングラム1号機』と、それを後方支援する2台の車両『1/43 98式特型指揮車 2台セ ット』が色分け成型&接着剤不要なスナップキットモデルとして2021年10月に同時発売される! 

『機動警察パトレイバー』とは? 「ハイパーテクノロジーの急速な発展とともに、あらゆる分野に進出した汎用人間型作業機械=『レイバー』。しかし、それは『レイバー犯罪』と呼ばれる新たな社会的脅威をも生み出すことになった。続発する『レイバー犯罪』に、警視庁は本庁警備部内に『特殊車輌二課』を創設してこれに対抗した。通称『特車二課パトロールレイバー中隊』=『パトレイバー』の誕生である」という設定をベースに、ゆうきまさみ氏(マンガ家)、出渕裕氏(メカニックデザイナー、イラストレーター、アニメーターほか)、伊藤和典氏(脚本家)、高田明美さん(キャラクターデザイナー、イラストレーター、宝飾デザイナー)、押井守氏(映画監督、アニメーション演出家ほか)たち5人のクリエイターで結成されたユニット「ヘッドギア(HEADGEAR)」により「特車二課」の日常と活躍がマンガやアニメなど、メディアミックスプロジェクトとして描かれ1990年代に大ヒットしたシリーズ! 

「ACKS No.MP-01 機動警察パトレイバー 1/43 AV-98 イングラム1号機 」は、プロポーションと各部意匠などはデザイナー・出渕裕氏監修のもと、最新版「イングラム」としてブラッシュアップ! 「レイバー」を特徴づける機体各所のシーリングカバーは、実感的な意匠のプラスチック部品を採用し、内蔵された各所の関節と合わさり、劇中の様々なシーンを再現可能! 
脚部ハッチやコックピットのハッチは差し替えなしで展開。なんとコックピットは座席の昇降も可能なため、付属するパイロット「泉野明」(搭乗姿勢)フィギュアで劇中の搭乗シーンをバッチリ再現できる! 
ほか特徴としてこの1/43スケールは、実はミニカーの国際標準スケールのため、既存のミニカーを情景に組み合わせることも出来るぞ! 

そして「ACKS No.MP-02 機動警察パトレイバー 1/43 98 式特型指揮車 2台セット」は、「イングラム」と常に行動を共にし、劇中では「イングラム1号機」搭乗の「泉野明」をバックアップする「篠原遊馬」、「イングラム2号機」搭乗の太田功をバックアップする「香貫花・クランシー」や「熊耳武緒」が乗車する「98式特型指揮車」! 
こちらは2台セットで「イングラム1号機」と同時リリースされる。コンパクトながら高い機動性を誇る特徴的な車体を実感豊かに立体化しており「篠原遊馬」「香貫花・クランシー」「熊耳武緒」らのフィギュアが付属。また付属のデカールで「1号機用指揮車」と「2号機用指揮車」を各1台ずつ再現可能なのだ。 同スケールの「ガードロボ」も3体付属するので「イングラム」と組み合わせることでより劇中のシーンでディスプレイできるぞ! 

2018年には、シリーズ誕生30周年を迎え、それを記念する展示会やイベントなどを多数開催。また新プロジェクト『PATLABOR EZY』も控え、今なお大きな注目を集めている。そんな中だけに青島文化教材社より発売される「AV-98 イングラム1号機」と「98式特型指揮車 2台セ ット」は大注目だ!

>>>商品細部やギミックのイメージ画像を見る(写真20点)

(C)HEADGEAR

文/アニメージュプラス編集部