• 高野麻里佳が語る新作アニメ『エデン』——人間とロボットの絆のドラマ!
  • 高野麻里佳が語る新作アニメ『エデン』——人間とロボットの絆のドラマ!
2021.05.26

高野麻里佳が語る新作アニメ『エデン』——人間とロボットの絆のドラマ!

『エデン』主人公・サラを演じる高野麻里佳。

5月27日(木)から全世界独占配信される、Netflixオリジナルアニメシリーズ『エデン』。
人類が消えた、ロボットだけが暮らす自然豊かな世界〈エデン〉を舞台に、ロボットの両親のもと育った主人公サラの冒険と家族の絆の物語が壮大なスケールで描かれるSFファンタジーだ。

ロボットしかいない自然豊かな〈エデン〉は、人間は悪とされる世界。
農業用ロボットとして暮らしていたE92(声=伊藤健太郎)とA37(声=氷上恭子)はある日、サラ(声=高野麻里佳)という名の “人間の” 赤ちゃんが入ったカプセルを偶然発見する。
サラが生きるには、この世界は危険——そう考えた2体は、サラを隠れて育てることにする。
やがて2体と1人のあいだには、本当の親子のようにお互いを想い合う “絆” が育まれていくが……。

今回は、主人公・サラを演じる高野麻里佳に、たったひとりの “人間” として世界の謎に対面していくサラについて、そしてこの作品の魅力や見どころについて語ってもらった。
▲高野麻里佳

アニメージュプラス編集部