• 『血界戦線』コンパクトなマルチツールでライブラの一員に!
  • 『血界戦線』コンパクトなマルチツールでライブラの一員に!
2021.06.02

『血界戦線』コンパクトなマルチツールでライブラの一員に!

(C)2017 内藤泰弘/集英社・血界戦線 & BEYOND製作委員会

アルマビアンカは「コラボレーションによる新たな価値の創造」をコンセプトにしたグッズを企画販売するサイト「ARMA BIANCA」にて、『血界戦線 & BEYOND』から「ビクトリノックス」のアイテムの受注を5月29日(土)より開始した。

『血界戦線 & BEYOND』は、内藤泰弘による漫画『血界戦線』を原作としたアニメ作品で、アニメシリーズの第2期にあたる。
本作の主な舞台は、かつて「紐育(ニューヨーク)」と呼ばれていた異世界と現世を繋ぐ街・「ヘルサレムズ・ロット」。とある理由から「神々の義眼」を持つことになった少年・レオと、異世界の住人と戦う個性豊かな「ライブラ」メンバーの日常が描かれる。

そして「ビクトリノックス」は、マルチツール、キッチンナイフ、ウォッチ、トラベルギア、フレグランスといった、日常のさまざまなシーンで役立つユニークかつ高品質の製品を世界中で生産販売しているスイスのブランドだ。

この度登場するのは、「ビクトリノックス ライブラ クラシック SD」と「ビクトリノックス ライブラ スイスカード」の2商品。

「クラシック SD」は、クラシックなスタイルを特徴とし、はさみやつめやすり、ピンセットなど7機能を搭載したスイス製マルチツール。一生使えるツールとして製造されるクラシックなマルチツールは、小さくコンパクトにまとまっていて、誰にでもぴったり。マイナスドライバーも備えており、壁にネジを取り付けたり、手紙を開封したり、紐を切ったりといった作業を簡単にこなすことができる。

また、「スイスカード」は、日常的に使うことができる10の機能をバランスよく搭載。財布などに収納できるコンパクトでスマートなアイテムとなっている。

どちらも『血界戦線 & BEYOND』に登場する秘密結社ライブラのロゴマークと作品タイトルをレイアウトしたデザイン。日常生活や旅行など、様々なシーンで活用しよう!

>>>デザインや商品ラインナップを見る(写真2点)

(C)2017 内藤泰弘/集英社・血界戦線 & BEYOND製作委員会

アニメージュプラス編集部