• 『メガロボクス2』第10話 孤立していくサチオ、ぶつかり合う思い
  • 『メガロボクス2』第10話 孤立していくサチオ、ぶつかり合う思い
2021.06.03

『メガロボクス2』第10話 孤立していくサチオ、ぶつかり合う思い

(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト

2021年4月4日(日)より放送中のオリジナルTVアニメーション『NOMAD メガロボクス2』の第10話あらすじ、先行カットが解禁。さらに、脚本を手掛ける小嶋健作よりオフィシャルコメントが到着した。

原作・高森朝雄(梶原一騎)、漫画・ちばてつやによる『あしたのジョー』を原案とし、同作の連載開始50周年記念プロジェクトとして2018年に放送され、国内外で好評を博したTVアニメーション『メガロボクス』。
その続編となるオリジナルTVアニメーション『NOMAD メガロボクス2』が、TOKYO MXにて2021年4月4日より毎週日曜23:00~、BS11にて4月6日より毎週火曜24:30~放送中。また、各配信サイトでも4月5日から順次配信中だ。

いよいよ後半戦へと突入した本作第10話は、6月6日(日)より放送開始。
メガロボクスの新チャンピオンとなったマックは、次の対戦相手としてジョーを選ぶ。突然の指名に戸惑うジョーだが、番外地に希望を取り戻すため、再びリングに上がることを決意し……。
第10話では、ジョーと、彼を拒むサチオを中心に、ぶつかりあう2人の思いが描かれていく。キャラクターの心情を細やかに表現した熱い物語に注目だ!
詳しいあらすじ、先行カットはこちら!

<ROUND10 「過去の敗北は幸運の兆しと共にある」>
突然、マックの対戦相手に指名され戸惑うジョーだったが、番外地に再び灯りをともすため、自分に出来ることは何なのか思いを巡らせていた。そんなジョーへ心を開いていくボンジリ、サンタ、オイチョとは対照的に、どんどん孤立化していくサチオは、かつての南部の言葉を思い出していた。

>>>『NOMAD メガロボクス2』第10話先行カットを全て見る(写真11点)

また、第10話の放送に向けて、本作の脚本を手掛ける小嶋健作さんよりオフィシャルコメントが到着。「こんな風に生きたい、と思えるようなカッコいい大人を描くことがテーマでした」と語る本作のキャラクターへの思いや、制作中のエピソードをたっぷりと語っている。

(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト

アニメージュプラス編集部