• 帽子ブランド『CA4LA』ジブリコラボ第2弾は『紅の豚』ポルコ
  • 帽子ブランド『CA4LA』ジブリコラボ第2弾は『紅の豚』ポルコ
2021.06.04

帽子ブランド『CA4LA』ジブリコラボ第2弾は『紅の豚』ポルコ

(C)1992 Studio Ghibli - NN

日本を代表するアニメーション制作会社「スタジオジブリ」と帽子ブランド「CA4LA」のコラボレーション第2弾として、『紅の豚』より、主人公ポルコ・ロッソがかぶるフライトキャップとハットを、6月18日(金)より発売する。

帽子ブランド「CA4LA」は、メイドインジャパンの優れた技術から生まれたオリジナリティ溢れる帽子を作り続けるハットメーカー。スタジオジブリとのコラボレーション第1弾『天空の城ラピュタ』に続き、今回は『紅の豚』とのコラボレーションが決定。『紅の豚』の主人公ポルコ・ロッソが劇中でかぶっている帽子を、CA4LAのメイドインジャパンの技術力で再現した。

今回登場するのは、ポルコのフライトキャップとハット。アニメーションを参考に完全再現を目指しつつ、日常でも使いやすい素材やシルエットにこだわって、自社工場「CA4LAアトリエ」で丁寧に制作されている。

フライトキャップは、愛機である深紅の飛行艇「サボイアS.21」に乗り込む際にかぶっているフライトキャップを再現しつつ、ファッションアイテムとしてもかぶれる様にアレンジ。本体、ゴーグルともに姫路産の上質な牛革を使用して、ひとつずつ手縫いで仕上げられている。裏地にはポルコ・ロッソとサボイアS.21のプリント入りだ。

オンラインショップでの受注生産販売(数量限定)となり、注文受付は6月25日(金)23時59分まで。また、6月18日(金)よりCA4LA表参道店でサンプルが展示される。


そして、トレンチコート、サングラスと並んで、ポルコ・ロッソを象徴するファッションアイテムである中折れハットを忠実に再現。自社工場で特別に染色した、きめの細かいメリノウールのフェルトを使用して、高さのあるクラウンのクラシックなハットに仕立てている。
裏地にはポルコ・ロッソとサボイアS.21のプリント入りだ。

本商品は6月18日(金)より、アウトレットを除く全国のCA4LA直営店、オンラインショップにて販売開始となる。

>>>『CA4LA』×『紅の豚』ラインナップやデザインを見る(写真7点)

(C)1992 Studio Ghibli - NN

アニメージュプラス編集部