• キャストも監督も思い入れたっぷり!『映画大好きポンポさん』初日舞台挨拶開催
  • キャストも監督も思い入れたっぷり!『映画大好きポンポさん』初日舞台挨拶開催
2021.06.05

キャストも監督も思い入れたっぷり!『映画大好きポンポさん』初日舞台挨拶開催

左から加隈亜衣、大谷凜香、清水尋也、小原好美、木島隆一、平尾隆之

6月4日(金)に公開初日を迎えたアニメーション映画『映画大好きポンポさん』の、舞台挨拶がEJアニメシアター新宿にて行われた。
映画を愛する青年・ジーンが、天才プロデューサーのポンポさんに見出され、初監督作品に挑む姿を描く本作。
ジーンの苦悩や葛藤や、ジーンの映画に出演する新人女優ナタリーの奮闘などを通して、〈もの作り〉に夢を賭ける人々の姿を描く、映画愛に溢れた作品だ。

舞台挨拶に登場したのは、ジーン役の清水尋也、ポンポさん役の小原好美、ナタリー役の大谷凜香、ナタリーの面倒を見る人気女優・ミスティア役の加隈亜衣、ジーンのハイスクールの同級生・アラン役の木島隆一、そして監督・脚本の平尾隆之。
登壇したメンバーはみな本作に対して深い思い入れを抱いている様子で、語り出すと止まらなくなり、舞台挨拶の時間はあっという間に過ぎていった。

清水と大谷は現在、実写映画・ドラマで活躍中の期待の若手俳優。
特に、今回が声優初体験だった清水は「この作品は人生のターニングポイントになった」とコメント。子供の頃からアニメが好きで、アニメの世界に自分が入ることに憧れていたので、今作のエンドロールで自分の名前が目に入ってきたときに、思わず号泣してしまったそうだ。

小原はアフレコ収録に際して、普段、実写映画で活躍する清水と大谷が緊張しているだろうと心配し、(収録現場が)二人が楽しく演じられる空間になればいいなと、そして、終わって「楽しかった」と思ってもらえればいいなと思っていたとのこと。
結果、アフレコの最終日に、最後の収録を終えた清水と大谷が「『終わっちゃった、寂しい!』と満面の笑みでスタジオから出てきたのを見て、本当にホッとしました」と、感慨深そうに振り返る様子は、映画内でジーンとナタリーを見守るポンポさんそのものだった。
▲清水尋也
▲小原好美
▲大谷凜香

>>>舞台挨拶登壇者の画像(写真8点)

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

アニメージュプラス編集部