• 小野大輔が語る古代進への想い!『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』公開記念インタビュー
  • 小野大輔が語る古代進への想い!『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』公開記念インタビュー
2021.06.11

小野大輔が語る古代進への想い!『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』公開記念インタビュー

小野大輔/古代進役


〈重圧〉を通じて得られた理解

──「選択」という言葉もタイトルに盛り込まれていますが、『2202』で古代に課せられた「選択」の重圧を、どのように感じられていましたか?

小野 最近、特に感じるんですが、古代進という人間と同一になってきているというか、一体化してきている気がしているんです。小野大輔という人間の生き方に、どこかリンクしたものを感じるんですよ。アテ書きかと思うくらい。だから自分と近すぎて、正直つらかったですね。古代と同じで、役者として偉大な先輩がいて、優秀な後輩もどんどん出てきて、僕は、その中間にいるんです。そういうときに、先輩から受け取ったものを後輩に伝えていく、それを自分がやらなきゃと勝手に思うんですね。この作品であれば主役ですから座長として、しっかりしなきゃとひとりで背負い込もうとする。本当はひとりで背負う必要なんかないのに、勝手にがんばっちゃう感じは、まさしく古代だなと。だからこそ、彼を理解できました。お互いが寄り添っている感じすらあります。生き方はしんどいですけど(笑)。石塚さんがいらしたら、「もっと肩の力を抜けよ」とおっしゃってくれたかもしれないですね。

——『2199』『2202』を振り返って、ご自身にとっての『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』への想いをお聞かせください。

小野 これまで『2199』『2202』と旅をしてきて、僕らも『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』を作ってきたんだなと実感しました。最初のヤマトブームから時代を経て、あの時代を知らない僕たちの世代でも熱くなれる新しい形の「ヤマト」を創れたんだと再確認できました。やってきてよかった、がんばってきたことが報われた達成感を感じますね。今回の総集編は、ずっと『2199』『2202』をみてくれてきたファンのみなさんにとっても、また新たな側面を発見できる作品になっていると思います。

──最後に次回作『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』(以下、『2205』)への意気込みをお聞かせください。

小野 なによりこの「宇宙戦艦ヤマト」という作品に共感・共鳴してくれて、いっしょに旅をしてくれたファンのみなさんに報いたいですね。『2202』でひとつの大いなる和に到達しましたが、宇宙にはまだまだ困難と危機が待ち受けているようです。ヤマトは希望の船ですので、また未来に向かって旅立ちます。みなさんから受け取った想いをお返ししたいですね。僕と古代がリンクするということでいえば、この先の未来を作ってくれる新しい世代の人たちに、「ヤマト」という作品を伝えていきたい、受け渡していきたい。新たなる『2205』という作品でも、未来に想いを受け渡していくような、そんな希望が描かれると思うので、ファンのみなさんにも共感していただけたら嬉しいですね。
小野大輔
おの・だいすけ/5月4日、高知県出身。O型。主な出演作品は『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』古代進役、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ 空条承太郎役、『おそ松さん』松野十四松役、洋画吹替版『パシフィック・リム:アップライジング』ネイサン・ランバート役、など多数。

(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

アニメージュプラス編集部