• 『閃光のハサウェイ』が目指した「戦場」と「日常」のリアルサウンド
  • 『閃光のハサウェイ』が目指した「戦場」と「日常」のリアルサウンド
2021.06.15

『閃光のハサウェイ』が目指した「戦場」と「日常」のリアルサウンド

モビルスーツの音ひとつにもこだわりが光る1作だ (C)創通・サンライズ


――MSの戦闘場面以外で、『ガンダム』作品らしさを意識しなければならない音作りはありましたか?

笠松 逆に言えば、空港のラウンジやホテルの部屋で話すような日常の部分は、むしろガンダムっぽさをあまり意識していないですね。アトモスという容れ物は割と万能で、静かな環境を見せるドラマ場面でも、ものすごく効果を発揮するんですよ。なので、いろんな状況の音をしっかり入れて、さらにがっつりと日常のリアルを追い込んでいく作りをしています。
▲互いを探り合うような会話劇も『閃光のハサウェイ』の見どころのひとつだ。

――ジブリ作品などでもよく一緒にお仕事をされている木村絵理子さんがアフレコ周りをディレクションする録音演出を担当されています。連動した作業などで印象深いことなどはありましたか?

笠松 アフレコの中身に関しては、木村さんと村瀬さんに任せておけば問題ない、と思っていましたから、細かい部分に関しては特に無かったです。ただ、アフレコをコロナ禍真っ最中に行ったので、「モブやガヤなど、多くの人の声が必要なところはどうしましょうか」という話はしました。こちらからは、「無理せず、やれる範囲でワントライしていただいて、それでダメならSE側で処置できるものは対応しますし、できなかったらその時にまた考えましょう」と。

――アフレコの現場には行かれないのですか。

笠松 僕はいつも上がってきたものしか聞いていなくて、ごく稀にこちらから必要だと思うものがあれば録音をお願いするくらいですね。アフレコ現場の詳細や大変さを理解してしまうと、どうしても演出的に手心が加わる部分が出てきますので、それを一切知らないポジションに立ってどの要素にもイーブンに向かい合える状況にしています。過剰な思い入れや愛情を入れず、演出を優先してバンバン音に触れる関わり方こそ、作品を作る上で必要なのではないかと思います。

――様々な試みを重ねて完成した作品ですが、仕上がりを観てご自身の目標は達成されまましたか? 作品全体の感想も合わせてお聞かせください。

笠松 村瀬さん、プロデューサーにもOKをいただいていますので、あとはもう本当に観た方のご判断だと思います。作品に関しては、映像の情報量も大変なことになっていますし、おそらく1回観ただけでは隅から隅まで理解するのは難しいだろうな、という印象がありました。皆さん仰っていますが、村瀬さんらしく、大人っぽい作品に仕上がっていますね。おそらく3部作を通して、この温度感で行くように村瀬さんは設計されているんだと思います。この新しい『ガンダム』作品に、お客さんがどう反応されるのかが楽しみです。

――では最後に、音響を含めて作品の見どころを改めてお聞かせいただけますか。

笠松 公開館数はかなり限られていますし、こういう状況ですのでなかなか難しいかもしれませんが、可能であればドルビーアトモス&ドルビーシネマ対応の映画館で観て貰えれば思っています。その環境において最良の形で楽しんでいただけるように設計しましたし、ドルビーシネマだと暗い夜間のシーンもハッキリ見えますので、ぜひ!
▲迫力の映像と音の真髄は劇場でこそ味わえる。

笠松広司(かさまつ・こうじ)
音響効果会社「デジタルサーカス」代表。TV・映画・ラジオ・DVDなどの音響効果、さらには音楽プロデュース、バラエティ番組の効果など幅広く活躍。『ゲド戦記』(2006)、『崖の上のポニョ』(2008)、『風立ちぬ』(2013)、『海獣の子供』(2019)、『きみと、波に乗れたら』(2019)、『映画 えんとつ町のプぺル』(2020)など、話題の作品を多数手がけている。

>>>『閃光のハサウェイ』場面カットを見る(写真8点)

(C)創通・サンライズ

アニメージュプラス編集部