• 『東リベ』大躍進! 定額制動画配信週間ランキングTOP20
  • 『東リベ』大躍進! 定額制動画配信週間ランキングTOP20
2021.06.18

『東リベ』大躍進! 定額制動画配信週間ランキングTOP20

GEM Partners調べ

エンタテイメント業界に向けたデータ×デジタルマーケティングサービスを提供するGEM Partners(ジェムパートナーズ)は2021年6月17日(木)、エンタメコンテンツランキングやデータ情報を発信する「GEMランキングクラブ」プロジェクトにて作成した「定額制動画配信タイトルの視聴者数pt ウィークリーランキングTOP20(実査日:6月12日、調査対象期間:6月5日~11日)」を発表した。

本ランキングは、GEM Partnersが実施する週次の調査に基づき集計。
Amazonプライム・ビデオやNetflixなど様々な定額制動画配信サービスを横断し、利用者全体の中で、どんなタイトルが観られているのか、エンタメファンと事業者の参考となることが目的。

※ 視聴者数pt:下記の実査日において過去1週間以内にそのタイトルを見た人の多さを示す。

この週の全体ランキングは、4月のテレビ放送開始以来、動画配信でも視聴者数ptを多数集めている『東京リベンジャーズ』が前週3位から2ランクアップし、1位となった。
これに『僕のヒーローアカデミア』が続き、こちらも前週5位から3ランクアップの2位となっている。

TOP20の顔ぶれをみると、前週に引き続きアニメが多くランクインしていることが分かる。
アニメ以外では、9位に海外ドラマ『ウォーキング・デッド』、11位にバラエティ『相席食堂』、15位に映画『グリーンブック』などがランクイン。『グリーンブック』はAmazonプライム・ビデオで視聴者数ptを多く集めていた。
男女別TOP10では、『東京リベンジャーズ』が男女ともに1位を獲得。これまで、本作の視聴者の内訳は女性のほうが多かったが、男性でも話題度が上昇している。
また、『僕のヒーローアカデミア』も男女ともに4位にランクインと、こちらも人気を集めている。
『東京リベンジャーズ』は今春、動画配信サービスでアニメ版が提供されてから視聴者数ptをどんどん増やし、ランキングを上げてきている。
また、本作の実写映画『東京リベンジャーズ』が7月9日(金)に公開を予定。劇場版における「鑑賞意欲度」と「公開週土日興行収入シミュレーション値」の推移をみても、動画配信での人気の高まりと同様に上昇傾向にある。
『僕のヒーローアカデミア』も、8月6日に劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』の公開を控えているが、こちらもテレビアニメ版第5期が3月末に動画配信サービスで提供されて以降、順調に推移している。

配信でも劇場でも人気を集めて大成功した作品としては、劇場版の最終興行収入が400億円を超えた『鬼滅の刃』が記憶に新しい。『東京リベンジャーズ』『僕のヒーローアカデミア』とも、ファンの意欲度上昇とすそ野を広げる相乗効果により、配信でも劇場でも大ヒットする勢いを感じる推移といえる。

>>>「定額制動画配信視聴者数ptランキング」関連画像を全部見る(画像4枚)

アニメージュプラス編集部