• 「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」直筆KVや来場者特典を公開!
  • 「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」直筆KVや来場者特典を公開!
2021.06.21

「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」直筆KVや来場者特典を公開!

(C)吾峠呼世晴/集英社

『鬼滅の刃』初の原画展が、2021年10月26日より東京で、来年夏(2022年7月14日)より大阪で開催することが決定。吾峠呼世晴氏直筆のキービジュアルと来場者特典、チケット情報や展示情報も一部公開となった。

『鬼滅の刃』は、集英社ジャンプコミックスより刊行中の吾峠呼世晴による漫画作品。『週刊少年ジャンプ』2016年11号(2016年2月15日発売)より連載開始し、同誌2020年24号(2020年5月18日発売)にて惜しまれながら完結を迎えた。
2019年4月よりTVアニメ化され、家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、《鬼殺隊》へ入隊することから始まる本作は、人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟、そして時折描かれるコミカルなシーンも人気を博し、国内のみならず、全世界で大きな話題となった。
そして2020年10月16日より、TVアニメ “竈門炭治郎 立志編” に続く物語 “無限列車編” が劇場アニメーションとして公開され、2021年にはTVアニメ “遊郭編” の放送が決定しているなど、年齢性別問わず圧倒的な人気を誇る作品だ。

そんな本作初の原画展となる「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」が、2021年10月26日(火)から12月12日(日)まで東京・森アーツセンターギャラリーで開催! また、翌年2022年7月14日(木)から9月4日(日)まで大阪・グランフロント大阪で開催することが決定した。
「受け継ぐ」をコンセプトにした本展覧会では、作者・吾峠呼世晴氏の想いの詰まった直筆原画を多数展示し、連載終了後も注目を集める本作の魅力、世界観を余すことなく伝える。

今回、吾峠呼世晴氏が新たに描きおろした展覧会キービジュアルと来場者特典「特製ミニ色紙」を公開。チケットは「全日日時指定」で、ローソンチケットにて第一次抽選、第二次抽選、一般販売(先着)の3つの段階に分けて順次販売される。チケットは第1期~第3期の3区分に分かれており、第1期&第2期と、第3期とでチケットの抽選時期が異なるため注意してほしい。
第1期&第2期分の抽選申込受付は、9月11日(土)から開始だ。

さらに会場では、展覧会キービジュアルを使用したオリジナルグッズなどの販売も行われる予定。
本展覧会の続報は、『週刊少年ジャンプ』本誌と、展覧会公式サイト、展覧会公式Twitterで随時発表される。

少年漫画界の新たな扉を開いた『鬼滅の刃』の原画展に乞うご期待!

>>>展覧会KVや来場者特典絵柄などを見る(写真6点)

(C)吾峠呼世晴/集英社

アニメージュプラス編集部