• アルマジロが満を持してガシャポン「いきもの大図鑑」に登場!
  • アルマジロが満を持してガシャポン「いきもの大図鑑」に登場!
2021.06.24

アルマジロが満を持してガシャポン「いきもの大図鑑」に登場!

(C)BANDAI

バンダイ ベンダー事業部は、生きものの体の仕組みを忠実に再現した「いきもの大図鑑シリーズ」の最新弾として「だんごむし 08 だんごむしとミツオビアルマジロ」を2021年6月第5週より順次全国の玩具売場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機にて発売する。

「だんごむし 08 だんごむしとミツオビアルマジロ」は、シリーズ開始後から商品化の希望として一番多かった「アルマジロ」をラインナップした「いきもの大図鑑シリーズ」の最新弾。
シリーズを代表する「だんごむし」のカテゴリーでは「丸くなって身を守る生きもの」に注目し、これまでも「だんごむし」以外に「まんまるこがね」や「トラフカラッパ」など様々ないきものを商品化している。
哺乳類のラインナップはシリーズ初となり、絶滅危惧Ⅱ類に属する「ミツオビアルマジロ」の体の構造を徹底的に研究し、実物の約60%サイズの全長約140ミリで忠実に再現した。
一般的にアルマジロは「敵に出会うと丸まってボール状になり身を守る」と思われているが、完全なボール状になることができるのは「ミツオビアルマジロ」と「マタコミツオビアルマジロ」の2種のみ。
皮膚が変化した「鱗甲板(りんこうばん)」と呼ばれる甲羅と、頭と尻尾・ボリュームのある4本の足を収納する構造を骨格標本を参考に再現したことにより、本物同様に丸くなる変形の過程も勉強することができる。
鉄壁の防御をする「ミツオビアルマジロ」の体の構造をぜひ手に取ってお楽しみあれ。

お風呂で遊ぶアヒルのおもちゃに似ていることから名付けられタイに生息する「ラバーダッキーコシビロダンゴムシ」なども含む全5種となっている。

>>>「だんごむしとミツオビアルマジロ」の画像を全部見る(画像10枚)

(C)BANDAI

アニメージュプラス編集部