• 『フルバ』舞台化&今日子と勝也の物語がアニメ制作決定!
  • 『フルバ』舞台化&今日子と勝也の物語がアニメ制作決定!
2021.06.29

『フルバ』舞台化&今日子と勝也の物語がアニメ制作決定!

(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

6月28日(月)深夜1:30よりテレビ東京ほかにて放送されたTVアニメ『フルーツバスケット』The Final最終回(第13話)放送終了後に、本田透の両親である今日子と勝也の物語が、2022年にアニメ制作されることが発表された。さらに舞台『フルーツバスケット』も同年上演することも決定した。

『フルーツバスケット』(原作・高屋奈月)は『花とゆめ』(白泉社)にて、1998年〜2006年まで連載された大人気少女漫画。全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破(コミックスは全23巻、愛蔵版は全12巻刊行)し、2001年にTVアニメ化され(全26話放送)。2009年には舞台化を展開した。連載が終了し15年以上経った今でも、根強い人気を誇っている作品だ。
そして2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、2019年4月~9月に1st seasonが、2020年4月~9月には初のアニメ化ストーリーとなる2nd seasonが放送。2021年4月より、最終章となるThe Finalがテレビ東京ほかにて放送された。
登場キャラクターそれぞれの葛藤や悩みを丁寧に描いたストーリーや唯一無二の世界観が、幅広い層から圧倒的な支持を受けている。

先週のThe Final第12話の放送で、本田勝也のキャラクターボイスを細谷佳正が担当したことが発表されたが、ファンからは「もっと勝也の声をききたい!」「今日子と勝也のエピソード待っています!」といった声が寄せられ、この度ついにファン待望の二人の過去が2022年アニメ制作されることが発表!

さらに同年、アニメ『フルーツバスケット』の舞台化も決定。出演キャストなどの最新情報は作品公式HPより後日公開される。

そして感動の最終回後にさらに涙をさそったのは、名シーンと総勢22名のメッセージ色紙が織り交ぜられた約6分間のサンクスムービー。
原作者であり作品の総監修も担った高屋奈月、そして、石見舞菜香(CV:本田 透)、島﨑信長(CV:草摩由希)、内田雄馬(CV:草摩 夾)、中村悠一(CV:草摩紫呉)、釘宮理恵(CV:草摩楽羅)、潘 めぐみ(CV:草摩紅葉)、古川 慎(CV:草摩潑春)、興津和幸(CV:草摩はとり)、櫻井孝宏(CV:草摩綾女)、上田麗奈(CV:草摩杞紗)、大地 葉(CV:草摩燈路)、河西健吾(CV:草摩利津)、豊崎愛生(CV:草摩依鈴)、梅原裕一郎(CV:草摩紅野)、坂本真綾(CV:草摩慊人)、森川智之(CV:草摩藉真)、種﨑敦美(CV:魚谷ありさ)、佐藤聡美(CV:花島 咲)、沢城みゆき(CV:本田今日子)、江口拓也(CV:真鍋 翔)、加隈亜衣(CV:倉伎真知)からの作品愛溢れるメッセージと、キャラクターのセリフの数々が心に染み入る、感動の映像となっている。


足かけ3年にも及んだTVアニメ『フルーツバスケット』のシリーズは放送終了したが、今日子と勝也のエピソードがアニメ化決定し、さらに舞台制作も予定されている本作。今後の展開にも乞うご期待!

>>>サンクスムービーカットを見る(写真16点)

(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事