• 犯人は婚約者なのか、コナンの推理は!? 『名探偵コナン』第1012話
  • 犯人は婚約者なのか、コナンの推理は!? 『名探偵コナン』第1012話
2021.07.16

犯人は婚約者なのか、コナンの推理は!? 『名探偵コナン』第1012話

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アニメ『名探偵コナン』の1012話「山菜狩りとクローバー(後編)」のあらすじと先行カットが到着した。

『名探偵コナン』は、青山剛昌による同名漫画のアニメ化作品。高校生探偵・工藤新一は、謎の組織の手によって子供の姿に変身させられた。彼は江戸川コナンと名乗り、幼馴染みの毛利蘭、その父親・毛利小五郎、少年探偵団たちと協力しながら様々な難事件に挑む。

今回の第1012話は、旧作のデジタルリマスターではない新作。
コナンたち少年探偵団は、若狭先生と共に群馬に学外授業の下見に出かけ、殺人事件に遭遇する。疑いの目を向けられていた被害者の婚約者・善田舞佳には歩美と行動していたというアリバイがあった。

<あらすじ>
コナンたちが山菜採りに到着した際に車のそばで撮った写真には遺体が写っておらず、突然現れたようだと確認した山村警部。
被害者と婚約していたという善田舞佳に疑いの目を向けていたものの、遺体発見時も歩美とともにいたこともあり、別の線を考え始める。
遺体を引き摺った跡を辿って近くの別荘へ向かうと、そこには大量の血痕、クローゼットに手を血で染めた女性と凶器の包丁があった。警察が女性を容疑者と考え始めた一方で、コナンは歩美が見つけたという四葉のクローバーから車の位置が移動されていたことを発見。山村警部を眠らせ、推理を始める。


>>>『名探偵コナン』1012話の先行カットを全部見る(画像5枚)

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アニメージュプラス編集部