• ついに公開『スーパーヒーロー戦記』スペシャルPV解禁!
  • ついに公開『スーパーヒーロー戦記』スペシャルPV解禁!
2021.07.22

ついに公開『スーパーヒーロー戦記』スペシャルPV解禁!

(C)テレビ朝日 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

2021年7月22日(木・祝)公開の『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』より、東京スカパラダイスオーケストラが担当する主題歌『SPARK』に劇中映像を使用したスペシャルPVが解禁された。

これまで、昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、人々の憧れとなり、夢や勇気、希望、そして正義の心を伝えてきた「仮面ライダーシリーズ」と「スーパー戦隊シリーズ」。
1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年。「仮面ライダーシリーズ」は生誕50周年という記念イヤーを迎える。
そして、「仮面ライダーシリーズ」と共に歩んできた「スーパー戦隊シリーズ」も1975年4月5日より放送開始した第1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。子どもから大人まで共に時を刻んだ2大ヒーローが2021年、Wアニバーサリーを迎える。

そんな超特別なWアニバーサリー作品として、《令和仮面ライダー》第2作目、『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系 毎週日曜 午前9:00〜9:30)と、スーパー戦隊シリーズ45作目の『機界戦隊ゼンカイジャー』(テレビ朝日系 毎週日曜 午前9:30〜10:00)が、「仮面ライダー」・「スーパー戦隊」というシリーズの垣根を超えて共闘する『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』がついに公開!

この度、東京スカパラダイスオーケストラによる主題歌『SPARK』(avex trax)がついに解禁! 映画公開を記念した【スペシャルPV】では、自らの存在全てをかけて闘うヒーローたちの熱きドラマを、東京スカパラダイスオーケストラによる楽しく豪華な音楽が大いに盛り上げる。
飛羽真、介人たちがスーパーヒーローの “最強の敵” 【アスモデウス】をはじめとする悪の軍団に立ち向かうアクションシーンはもちろん、仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎がこの異変と大きな陰謀に気付きながらも闘い、須藤芽依もこうした騒動の重要な秘密に近づいていくシーンも。
さらに、飛羽真の前に現れる大人ルナ(横田真悠)や、あの初代仮面ライダー・本郷猛(藤岡弘、)の姿も登場するなど、それぞれのキャラクターたちのドラマにスポットが当たった映像になっている。

【スペシャルPV】の最後は、飛羽真と介人のふたりによる『全てのヒーローの力で、俺たちは戦う!』という台詞とともに、仮面ライダーセイバー、ゼンカイザーが合体した【仮面ライダーセイバー スーパーヒーロー戦記】で【アスモデウス】に立ち向かう!

今回の【スペシャルPV】の解禁に伴い【アスモデウス】の配下で、スーパーヒーローの前に立ちはだかる新たな敵【ライダーワルド】の声を担当する、「東京スカパラダイスオーケストラ」の谷中敦より、主題歌『SPARK』へ込めたメッセージも到着。こちらも合わせて要チェック!

スーパーヒーローの “最強の敵” 【アスモデウス】(谷田歩)の企みにより、禁断の地・アガスティアベースで保管されていた、世界を揺るがす “禁書” を解放させたことで、【現実】と【物語】の境界が曖昧となり、『仮面ライダーセイバー』主人公の神山飛羽真(内藤秀一郎)、須藤芽依(川津明日香)、ユーリ(市川知宏)たちが、スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』の世界へ、そして『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公の五色田介人(駒木根葵汰)とガオーン、マジーヌ、ブルーンたちが、仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーセイバー』の世界へ迷い込む事態に。このままだと現実の世界が崩壊してしまう…!
そんな中、飛羽真や介人たちが、物語のカギを握る “謎の少年” との出会いや交流を経て、危機に晒された世界を元通りに戻そうとタッグを組むことに。そんな「仮面ライダーセイバー」「ゼンカイザー」のもとに、仮面ライダー1号、アカレンジャーをはじめとする歴代の仮面ライダー、スーパー戦隊も集結し、共に立ち上がった時、この混ぜこぜMIXとなった世界から抜け出し、黒幕【アスモデウス】を倒すことができるのか⁉︎

2大ヒーロー原作者・石ノ森章太郎が託した《ヒーロー誕生の秘密》がついに明かされる‼︎ いよいよ公開となった『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』はぜひ劇場で!

>>>作品キービジュアルやアーティスト写真を見る(写真2点)

(C)テレビ朝日 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

アニメージュプラス編集部