• CN『モンチッチ』日本初放送の第11話〜第14話をチェック!
  • CN『モンチッチ』日本初放送の第11話〜第14話をチェック!
2021.07.23

CN『モンチッチ』日本初放送の第11話〜第14話をチェック!

(C) Sekiguchi / TF1 / Technicolor Animation Productions / 2017

アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパンは、 2021年7月から放送スタートしたアニメシリーズ『モンチッチ』の最新エピソード第11話から第14話を7月24日(土)と7月25日(日)に日本初放送する。

モンチッチは、1974年にセキグチから発売された、体はぬいぐるみ、顔と手足はソフビの人形。発売直後より爆発的ブームとなり、ヨーロッパやアジア各国などでも人気者に。現在も世界中で親しまれている。
そして7月4日(日)より放送中のアニメシリーズ『モンチッチ』は、フランスで制作されヨーロッパ各地で大きな話題となった3DCGアニメ。日本語版の吹替えは、井口裕香、柿原徹也、KENN、森川智之の人気声優が担当している。

最新エピソードの第11話「ハナエのめまい」では、木から落ちたハナエを助けようとしてウィローが足をひねってしまったことから、ハナエは高い所に行くとめまいがして動けなくなってしまう。カウリ達のサポートでハナエがなんとか恐怖を克服しようとしているときに、モンチッチの支配を企むアイコー達が大切なドリームフルーツを奪い取りにきてしまうストーリー。

加えて、第12話「きこえなくなったポリーナ」第13話「こおったツリー」第14話「しゃっくり大ジャンプ」が日本初放送となる。

また、本エピソードの放送を記念して、モンチッチとカートゥーン ネットワークがコラボレーションをした限定品のモンチッチぬいぐるみが抽選で30名に当たるプレゼントキャンペーンをカートゥーン ネットワーク公式サイトで実施中。こちらも合わせてチェック!

各エピソードのあらすじ、場面カットはこちら!

<第11話 「ハナエのめまい」>
ドリームフルーツ・コンサートでハナエとポリーナは演奏、カウリとウィローはダンスを披露することになった。ところが調子に乗って木から落ちたハナエを助けようとしてウィローが足をひねってしまう。その体験がトラウマとなり、ハナエは高い所に行くとめまいがして動けなくなってしまう。カウリのサポートでなんとか恐怖を克服しつつあるものの、ハナエが本調子になることはなく…。


<第12話 「きこえなくなったポリーナ」>
楽器の練習をしていたカウリとポリーナ。ウィローに渡されたミュートが機能しないままカウリが思い切りサックスを吹いたため、そばにいたポリーナは耳を痛めてしまい、熟したドリームフルーツを見つけられなくなってしまう。耳を治す薬を探すハナエたちは、シルバスからモンチッチボッシュの葉っぱでいれたお茶が効くと聞き、フィールドゥの力を借りることにするが…。


<第13話 「こおったツリー」>
ドリームツリーに新しい活力を与えるため「接ぎ木の儀式」が行われるが、ポリーナが用意した枝を接いだ途端にツリーが凍りだしてしまいモンチッチたちはパニックになる。実はその原因はアイコーがドリームフルーツを奪うためにかけた魔法のせいだったのだ。ツリーの具合はシルバスの体調にも影響するため、ハナエたちはまっくろ砂漠に生息するというストーンローズを探し、ツリーを癒そうとするが…。


<第14話 「しゃっくり大ジャンプ」>
めずらしい花の綿毛を吸いこんでしまい、カウリはしゃっくりが止まらなくなってしまった。しゃっくりの度に大きく飛び上がり、むやみに飛んで行ってしまうので、ハナエとウィローは取り急ぎツルでカウリを取り押さえる。そこへトゥイッグがやってきてあれこれ治療法を試すように言う。シルバスの助言を得てしゃっくりの治療薬である「くすぐり草」を探し出したハナエとウィロー。カウリを治療するが…。


>>>『モンチッチ』場面カットを全て見る(写真6点)

(C) Sekiguchi / TF1 / Technicolor Animation Productions / 2017

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事