• 光る! 映える!! 1985年つくば万博のコスモ星丸がカプセルトイに
  • 光る! 映える!! 1985年つくば万博のコスモ星丸がカプセルトイに
2021.07.29

光る! 映える!! 1985年つくば万博のコスモ星丸がカプセルトイに

 (C)公益財団法人つくば科学万博記念財団

ケンエレファントは、カプセルトイに特化した新レーベル「スタンドオリジナル」より、1985年に茨城県つくば市で開催された国際科学技術博覧会「科学万博-つくば’85」の公式マスコットマーク「コスモ星丸」をスイッチで光るフィギュアマスコットにした「コスモ星丸 フィギュアマスコット」を2021年8月下旬より発売する。
また、2021年7月29日よりケンエレファントのオンラインショップにて商品の予約も開始した。

「科学万博-つくば’85」は、人間・居住・環境と科学技術をテーマに掲げ、1985年(昭和60年)に開催された。万博には、日本を含む48カ国と37の国際機関が参加。184日間の会期の間に約2033万人が来場し、各国による革新的な技術の発表は、世代を超え多くの人々を魅了した。

このたびフィギュア化された「コスモ星丸」は、この「科学万博ーつくば’85」に流星のごとく鮮やかに登場した公式マスコットマークで、今もなお、つくばエキスポセンターのマスコットとして愛され続けている。
同商品は、コスモ星丸の新たなグッズとしてコレクションできるフィギュアマスコット。 LED電球で光るのが特徴で、コロンとした独特のフォルムも再現している。

万博当時、子どもだったケンエレファントの社員も「科学万博ーつくば’85」によって科学の楽しさ・面白さに感動した一人。当時出会った「コスモ星丸」をなんとしても自社から発売したいと強く願い、5年間の思いが結実して商品化を実現した、とのことである。
今回リリースするフィギュアマスコットは、「光る」のが特徴。
スイッチを入れると、内部に仕込まれたLED電球により、「コスモ星丸」が光を放つ。

約横5.7センチとコロンとした小さいサイズで、オリジナルの可愛らしいフォルムもしっかり再現。
万博開催当時、テレビCMなどでも見かけたカラーを含む、ブルー・ピンク・パープル・エメラルド・ブラックの全5色のラインナップです。

「コスモ星丸」は、万博から36年経った現在でも、つくば科学万博記念財団が運営する「つくばエキスポセンター」のマスコットとして愛され続けています。
「コスモ星丸」をリアルタイムで知っている方々は懐かしさを、初めて見るという若い世代は新鮮な出会いを感じられる、「スタンドオリジナル」の最新アイテムだ。

>>>「コスモ星丸 マスコットフィギュア」の画像を全部見る(画像10点)

(C)公益財団法人つくば科学万博記念財団

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事