• 『ARIA』蒼のカーテンコール最終章公開日決定!キービジュアルも解禁に!!
  • 『ARIA』蒼のカーテンコール最終章公開日決定!キービジュアルも解禁に!!
2021.08.10

『ARIA』蒼のカーテンコール最終章公開日決定!キービジュアルも解禁に!!

(C)2021 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

未来形ヒーリングストーリー蒼のカーテンコール《最終章》へーー。
『ARIA』のアニメシリーズ最新作『ARIA The BENEDIZIONE(アリア ザ ベネディツィオーネ)』の公開日が、12月3日(金)に決定した。

『あまんちゅ!』の作者としても知られる天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』。
単行本累計465万部、関連書籍累計82万部が発行された本作は、2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化。
その後も、2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA 〜ARIETTA〜』、2008年に『The ORIGINATION』が制作され、原作コミックの雰囲気そのままの優しい世界が数多くのファンを魅了した。
TVアニメの1stシーズンから10年目の2015年には『ARIA The AVVENIRE』、15年目の2020年には『ARIA The CREPUSCOLO』と、メモリアルイヤーを祝福するかのように新作が公開。
「蒼のカーテンコール」と銘打たれ再び動き出した奇跡の刻は、ファンの想いという “願いの種” の芽吹きによって、3つの物語を生み出すに至った。
その最終章となるのが、姫屋のメンバーを中心に描かれる完全新作アニメーション『ARIA The BENEDIZIONE』だ。

長い冬を迎えたネオ・ヴェネツィア。
寒空の下、合同練習をしていたアイ、あずさ、アーニャの3人は、いつもと様子が違う晃の後をつけたのをきっかけに水先案内人ミュージアムを訪れることになった。
出迎えた館長の明日香は、姫屋の伝説的なウンディーネとして知られる晃の大先輩。
二人は姫屋の創業時から大切に乗り継がれてきた1艘のゴンドラの継承者でもあるのだが、晃の話によると、次の乗り手として期待される藍華にはその気がないという。
納得がいかないあずさは、どうしてなのか理由を探ろうとするが……。

>>>【画像】『ARIA The BENEDIZIONE』予告編場面カット(写真13点)

天野こずえ描き下ろしの原作をもとに、前作と同じく総監督・脚本:佐藤順一、監督:名取孝浩、アニメーション制作:J.C. STAFFの布陣で制作される本作。
公開日の解禁と共にキービジュアル、スタッフ、キャストおよび本予告も解禁となった。
キービジュアルには灯里を中心にARIAカンパニー、オレンジぷらねっと、姫屋の面々や所縁のある人々が集合。
TVシリーズの一作目『ARIA The ANIMATION』の宣伝ポスターをオマージュしたデザインで、物語のフィナーレを彩る。

本予告は藍華と晃の過去を中心に、知られざる姫屋のエピソードを描いた本作の見どころが盛りだくさん。
藍華のプリマ昇格試験、乗り継がれてきたゴンドラ、そして、涙の理由は? 公開が待ち遠しくなる注目の予告映像となっている。
本予告60秒

本予告30秒


(C)2021 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事