• リーダー酒井がネタバレ承認!『純烈ジャー』完成披露舞台挨拶レポート
  • リーダー酒井がネタバレ承認!『純烈ジャー』完成披露舞台挨拶レポート
2021.08.27

リーダー酒井がネタバレ承認!『純烈ジャー』完成披露舞台挨拶レポート

(左から)舞台に登壇した司会進行の山本康平、小田井涼平、白川裕二郎、後上翔太、酒井一圭、佛田洋監督  (C)2021東映ビデオ

8月26日に人気ムード歌謡グループ「純烈」の初主演映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』の完成披露舞台挨拶が東京・新宿バルト9で開催され、純烈のメンバー・後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭、そして佛田洋監督が登壇した。

ムード歌謡グループは仮の姿、皆の憩いの場である温浴施設を守るヒーロー・純烈ジャーとして悪と戦う4人の姿を描く本作は、悪の女王フローデワルサ役に小林幸子、浴場施設の売店店長役に前川清、そして浴場施設の清掃員で小林綾子が出演するなど、公開前から大きな話題を振りまく期待作として注目を浴びている。

今回、司会進行を務めたのは、本作にも垢すり職人・康助役で出演している山本康平。まずはこの日を迎えての率直な感想を訊いてみると……。

後上 映画をご覧になったという事は何らかのジャッジを下したということで緊張が高まります。皆さんの力でこういう映画ができましたので、また直接会えるイベントの時にいろいろお聞かせ下さい。まずはホッとした気持ちです。

白川 去年はコロナ禍でなかなかコンサートもできず、ファンの皆さんと会うこともできませんでしたが、皆と喜びを分かち合える映画ができて今は嬉しく思っています。

小田井 やっと皆さんに観て頂くことができました! コンサートでも映画の話をしているんですが、いかんせん上映前なので言えない情報もあったので。やっとたくさんの思い出話ができると思いますので、ぜひ純烈のコンサートにも足を運んで下さい。

酒井 健康センターやキャバレーで頑張っている頃からファンの皆さんに応援して頂いて、紅白歌合戦も出場させて頂いて。その「紅白の向こう側」として思い描いていたのが『純烈ジャー』でした。皆さんにご覧いただける日が来たのは僕の夢でもあるし、もう1回観たいと思って頂ければいいな、と思っています。

佛田 ずっと前にスーパー戦隊や仮面ライダーの現場で一緒だった彼らが帰って来てくれて、感無量です。

――では酒井さん、映画の成り立ちについて教えてください。

酒井 20年前に僕らは『百獣戦隊ガオレンジャー』『仮面ライダー龍騎』『忍風戦隊ハリケンジャー』という作品でヒーロー大好きなファンの方たちに支えて頂きましたが、そこで出会った仲間と純烈を組むことになり、マダムやカラオケ好きのお父さんに支えられて頑張っています。コロナ禍の中でグループの存続も含めてどうしようかと考えていた時に「このまま負けてたまるか」の気持ちで、20203月の上旬に山本君や中野プロデューサーに集まって頂いて、以前から考えていた「マダムが楽しめる歌とヒーローが合体した映画」が作れないか? と相談したのがきっかけです。

――白川さんはこの話を聞いて、どう思ったんですか。

白川 正直またギャグかな? 嘘かな? と思ったんですけれど、企画書を頂いたりスーツアクターの映像を見せて頂いて「これは本気だ! 真面目にやらないとバチが当たるぞ」と思って演じさせて頂きました。

(C)2021東映ビデオ

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事