• 『キン肉マン』ティーパックマン紅茶で手持ちのカップが超人に⁉︎
  • 『キン肉マン』ティーパックマン紅茶で手持ちのカップが超人に⁉︎
2021.08.30

『キン肉マン』ティーパックマン紅茶で手持ちのカップが超人に⁉︎

(C)ゆでたまご

鋼製のロビンマスクを量産化したことで話題となった精密部品メーカーのキャステムは、2021年8月31日(火)10時よりスリランカ産の紅茶「セイロンブレンド」5袋とオリジナルのシール1枚がセットになった「ティーパックマン紅茶」をECサイト「IRON FACTORY」にて販売を開始する。

『キン肉マン』は、人間を超越した存在 “超人” であるキン肉マンことキン肉スグルが、さまざまな超人たちと戦いながら「友情」を育んでいく、ゆでたまごの国民的ヒーロー漫画。1979年『週刊少年ジャンプ』(集英社)での連載スタート以来、シリーズ累計発行部数は7700万部を突破。現在も『週プレNEWS』『週刊プレイボーイ』(集英社)にてWEBと雑誌で同時掲載にて連載中。世代を超越しいまだ熱狂的なファンを生み続けている。

そんな本作に登場するティーパックマンは、身長170cm、体重78Kg、超人強度25万パワーを持つスリランカ出身の正義超人。頭が紅茶の入った巨大なティーカップになっており、紅茶を含んで鋼鉄のようになったティーバッグで相手を打ち据える。第21回超人オリンピック1回戦で対戦したウォーズマンにベアークローで刺し貫かれ敗北、ウォーズマンに紅茶を美味しくいただかれてしまった。単行本61巻では、スリムだった体を鍛え上げて見た目にもがっしりとした姿になって復活。対戦相手のヘイルマンに善戦して不屈の闘志を見せつけるも、またもや力及ばず敗北となる。


この度発売となった「ティーパックマン紅茶」の茶葉には、ティーパックマンの出身且つ紅茶の本場であるスリランカ産「セイロンブレンド」を採用。合わないものがないブレンドであり、「紅茶だけを楽しみたい時」「ミルクティーを飲みたい時」「朝食に合わせて」「仕事に集中するスイッチとして」「スイーツと一緒に」と、どんなシーンでも毎日楽しめる、飽きることのないおいしさだ。

パッケージには、キン肉マン世代が当時最も衝撃を受けたティーパックマンのあのシーンを採用。ウォーズマンがウォーズマンスマイルで紅茶を飲んでいる姿を見ると、キン肉マン世代であれば誰もが自然と紅茶を飲みたくなってくるはず!

さらに、付属のシールを貼ることで自分のティーカップやマグカップがティーパックマンに! 再剥離シールになっており、ティーパックマンの黒目Ver.や白目Ver.など全4種ランダムで1枚が封入されている。

また、ベアークローフォークとティーパックマン紅茶をセットで購入すれば、通常4840円(税込)のところ、4400円(税込)とお得に購入することができる。


本商品で、ぜひあの時のウォーズマンの気持ちになって、紅茶を「ゴクゴク」とたくさん飲んでほしい。キン肉マン世代の方へのちょっとしたギフトにも最適だ。

>>>「ティーパックマン紅茶」イメージや作中のティーパックマンを見る(写真12点)

(C)ゆでたまご

アニメージュプラス編集部