• 『平家物語』OPは羊文学、EDはagraph feat.ANI(スチャダラパー)
  • 『平家物語』OPは羊文学、EDはagraph feat.ANI(スチャダラパー)
2021.09.10

『平家物語』OPは羊文学、EDはagraph feat.ANI(スチャダラパー)

(C)「平家物語」製作委員会

フジテレビ「+Ultra」ほかにて2022年1月より放送開始のTVアニメ『平家物語』の主題歌アーティストが決定した。

『平家物語』は、平家の栄華と没落までを描いた古典の名作。琵琶法師により語り継がれ、後世の文学や演劇に大きな影響を与えた大古典だ。圧倒的語り口による古川日出男訳を底本に、《監督》山田尚子×《脚本》吉田玲子×《キャラクター原案》高野文子×《音楽》牛尾憲輔の精鋭クリエイターによって初のTVアニメ化。一大叙事詩を、少女の目を通じて叙情的に描き出す。

この度、本作のオープニング・テーマは羊文学、エンディング・テーマはagraph feat. ANI(スチャダラパー)が担当することが発表。

オープニング・テーマ『光るとき』は、TVアニメ『平家物語』のためにVo:塩塚モエカが書き下ろした楽曲となっており、TVアニメの主題歌書き下ろしは羊文学にとって初となる。
エンディング・テーマ『unified perspective』は、TVアニメ『平家物語』の音楽を担当する牛尾憲輔のソロユニットであるagraphとして制作。アブストラクトなトラックにANI(スチャダラパー)のラップをフィーチャーした、agraphの名に相応しい渾身の1曲となっている。

さらに、エンディング・テーマ『unified perspective(90sec variation)』と牛尾憲輔によるTVアニメ『平家物語』original soundtrack EPとして背景音楽3曲が9月16日(木)に全世界同時配信することが決定した。

TVアニメ『平家物語』original soundtrack EPは、背景音楽からセレクトした3曲を先行配信用にパッケージングしたもの。今回、TVシリーズ作品としては異例の、各話・各シーンごとの綿密な選曲作業を山田尚子・牛尾憲輔の2名で実施。結果、伝統的な雅楽器を取り入れたものから、弦楽、ポストロックや電子音楽に至るまで、国や時代にとらわれない大胆かつ豊潤な背景音楽が実現した。
物語のはじまりとなる『the beginning』、平家嫡男の葛藤を描く『boy’s own』、平清盛の衰えぬ野望を描いた『unknown plan』の3曲。『unknown plan』は自身が参加するバンドLAMAのメンバー、田渕ひさ子による疾走感あるギタープレイが印象的な楽曲となっている。

羊文学・塩塚モエカ、agraph(牛尾憲輔)よりコメントも到着しているため、合わせてチェックしてほしい。

>>>『平家物語』ティザービジュアルやアーティスト写真を見る(写真3点)

(C)「平家物語」製作委員会

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事