• 『終末のワルキューレ』第3弾KV解禁!豪華副音声、さらに舞台化情報も!
  • 『終末のワルキューレ』第3弾KV解禁!豪華副音声、さらに舞台化情報も!
2021.09.15

『終末のワルキューレ』第3弾KV解禁!豪華副音声、さらに舞台化情報も!

(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

Netflixにて独占配信中、2021年10月1日(金)よりTOKYO MX、BS11、MBS、カートゥーン ネットワークにて放送開始となるアニメ『終末のワルキューレ』の最新・第3弾キービジュアルが解禁。さらに、TV放送の副音声にて、豪華キャスト陣によるオーディオコメンタリーが公開決定! そして飯窪春菜主演にて舞台化が決定した。

ワーナーブラザースジャパンとコアミックスが企画プロデュース、大久保政雄が監督、グラフィニカがアニメーション制作を務め、2021年6月よりNetflixにて独占配信開始となった『終末のワルキューレ』。
全世界の神代表vs人類代表による、人類存亡をかけた一対一<タイマン>13番勝負が繰り広げられる本作は、2018年より『月刊コミックゼノン』(コアミックス)にて連載スタートした、累計発行部数900万部突破の漫画『終末のワルキューレ』(作画:アジチカ 原作:梅村真也 構成:フクイタクミ)のアニメ化プロジェクトだ。
2021年6月17日(木)より全世界独占配信が始まるやいなや、Netflixの『本日のTOP10(総合)』で1位、Twitterのトレンドに上がるなど好調なスタートを記録。8月にはアニメ第2期の制作と第1期のTV放送も決定し、今大注目の作品となっている。

この度、10月からのTV放送開始に先駆けて、新たに第3弾キービジュアルが公開! 
今回公開された最新のキービジュアルは、ブリュンヒルデを中心に、第一回戦のトールと呂布奉先、第二回戦のゼウスとアダム、第三回戦のポセイドンと佐々木小次郎が描かれている。舞台となる闘技場を背に、神々、人類それぞれの代表闘士が描かれ、これから始まる熱き闘いを感じ取ることができるイラストに仕上がっている。

さらに、10月からのTV放送にて、豪華キャスト陣によるオーディオコメンタリーが聴ける副音声放送が公開決定!
オーディオコメンタリーに登場するキャストは話数によって異なり、『終末のワルキューレ』の放送に合わせて各放送回毎に2名ずつが、このオーディオコメンタリーでしか楽しむことのできない限定トークを繰り広げる。
Netflixでの先行配信で本作を一度視聴している方でもTV放送を新鮮に楽しむことができる企画になっているため、ぜひ副音声でも『終末のワルキューレ』を楽しんでほしい。

そして、原作漫画『終末のワルキューレ』が舞台化決定!
2021年11月27日(土)~12月5日(日)に『「終末のワルキューレ」〜The STAGE of Ragnarok〜』として、東京・こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロにて上演される。全世界の神代表vs人類代表による、人類存亡をかけた一対一<タイマン>13番勝負が、漫画、アニメを経て、遂に現実世界で幕を開ける!

なお、本舞台では、2018年にモーニング娘。を卒業後、ドラマや舞台等に精力的に出演しており、女優としての活躍を見せている、飯窪春菜が主演を務め、半神半人の戦乙女<ワルキューレ>の一人、ブリュンヒルデを演じる。戦乙女<ワルキューレ>13姉妹の末娘ゲルを演じるのは、舞台を中心に活躍をしている田上真里奈。ラグナロクの第一回戦~第三回戦までの人類側闘士である、呂布奉先、アダム、佐々木小次郎をそれぞれ、郷本直也、大平峻也、中河内雅貴が演じます。対して、神側闘士である、トール、ゼウス、ポセイドンをそれぞれ、山口智也、加藤啓、関本 大介(大日本プロレス)、鯨井謙太郒、相馬圭祐が務め、熱い戦いを繰り広げていく。


アニメTV放送と舞台化決定を記念して、9月26日(日)に後楽園ホールにて現役プロレスラーとのコラボ試合も決定!
舞台には現役プロレスラーも出演することから、DDTプロレスリングとのコラボマッチ『終末のワルキューレコラボマッチ~神vs人類~8人タッグマッチ』を開催。舞台でゼウス役を務める関本大介が神側選手として登場する。さらに、特別解説としてレジェンドレスラーの長州力が登場する。

様々な企画が展開されていく、アニメ『終末のワルキューレ』。原作漫画はもちろん、アニメも、舞台も、全人類注目だ!

>>>第3弾KVや舞台キャスト写真を見る(写真3点)

(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

アニメージュプラス編集部