• 『スター・ウォーズ:ビジョンズ』新たに2作品のあらすじ公開!
  • 『スター・ウォーズ:ビジョンズ』新たに2作品のあらすじ公開!
2021.09.18

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』新たに2作品のあらすじ公開!

(C)2021 TM & (C) Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2021年9月22日(水)16時よりディズニープラスにて配信開始となる『スター・ウォーズ:ビジョンズ』より、キネマシトラスの垪和等監督作『村の花嫁』、スタジオコロリドの木村拓監督作『タトゥイーン・ラプソディ』のあらすじ&場面写真が到着した。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、ジョージ・ルーカスが黒澤明作品や日本文化から多大な影響を受け制作した『スター・ウォーズ』のルーツとも言える日本へルーカスフィルムが強いリスペクトを込めた『スター・ウォーズ』史上初の一大アニメプロジェクト。また、本作のエグゼクティブ・プロデューサーであるジェームズ・ウォーは「これは私たちが愛する “アニメ” という文化を生んだ日本へ贈るルーカスフィルムからのラブレターです。」と日本アニメに対する熱い想いも語っている。
つねにアニメーションの限界を超え世界的に存在感を増す日本のアニメスタジオとタッグを組むことで実現した『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、2021年9月22日(水)16時よりディズニープラスにて日米同時配信開始だ。

今回このプロジェクトから、キネマシトラスが制作の “悲しき決断をした花嫁の運命” を描く『村の花嫁』、スタジオコロリドが制作のルーク・スカイウォーカーの故郷でもある砂漠の惑星タトゥイーンを舞台に ”ロックミュージシャンを志す主人公たち” を描く『タトゥイーン・ラプソディ』の場面写真、そして全く明かされてこなかったストーリーの一端が公式に発表された。

『村の花嫁』から解禁された場面写真には、星空のもと、マスクで顔半分を覆っているエフと、落ち着いた顔つきで何かを見据えているヴァンの姿が描かれている。二人の前の座卓には料理が盛られており、何かその村のお祝い事を見ているかのようなシーンとなっている。

本作を手掛けたキネマシトラスの垪和等監督は、銀河にある様々な風習を “婚礼” を通して描いており、日本の文化が『スター・ウォーズ』を通すことによってどのように描かれるのか、期待が高まる作品となっている。

<『村の花嫁』あらすじ>
オーダー66後、帝国の支配はまだアウターリムの惑星キーリアへは届いていなかった。
懐かしい人物(ヴァン)からメッセージを受け取りこの星を訪れた逃亡者エフは、そこで奇妙な結婚式に出くわす。
戦争の呪縛から逃れられない村人たちと抗おうとする若者たち。花嫁ハルに自らの境遇を重ねるエフがとった行動とは。そして恋人たちの運命は…。


本作を手掛けた垪和等監督は、これまで劇場版『テニスの王子様 二人のサムライ』や劇場版『ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン!』などの原画を手掛けるほか、副監督を務めたテレビアニメ『メイドインアビス』は海外を始め世界中で人気を獲得しており、2022年には第二期『メイドインアビス 烈日の黄金郷』の放送も控える人気クリエイターだ。

『スター・ウォーズ』について「思い出は山ほどあります」と語る垪和監督。シリーズ1作目となる『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』が公開された際、中学1年生だった垪和監督は「心の持ち方で見えないものが見えてくる的な表現に心が動かされました。当時物語の展開にいたく感動した私は、早速帰って小説版を買い、サントラは高価だったのでメインテーマだけシングルカットされたドーナツ盤を買い、それでも飽き足らずメカデザインのスケッチの本を買いました」と、シリーズが始まった当初から『スター・ウォーズ』への愛が溢れていたことを明かした。

そんな垪和監督は今回手掛けた『村の花嫁』において、『スター・ウォーズ』と “結婚式” を結び付けたことに対し、「 “結婚式” という、日本国内でも様々な風習がある “まつりごと” を通して、その星の風習や文化が描けたらと思いました。 “まつり” はカーニバルでもありますが、セレモニーでもあります。 “まつり” はまた、祀(まつ)るという自然や物事を畏怖し感謝する催事でもあります。フォースとは何なのか? 日本人の中にある万物に命が宿っているという感覚。これはかなり近いモノじゃないかと感じています。今作では主人公の異邦人エフに、ヴァンが解説するという形で異性の文化を紹介し、そこにある困難とエフの抱える困難をオーバーラップさせることで、フォースやジェダイの大事にしていることが浮き彫りになればと思いました」と、日本の風習や文化を通して『スター・ウォーズ』を表現したこと明かした。

さらに、「『スター・ウォーズ エピソード 2/クローンの攻撃』のアナキンとアミダラによる、祝われない二人きりの結婚式などは印象に残っており、今回の『村の花嫁』に繋がるテーマになっているかもしれません」と、『スター・ウォーズ』シリーズの印象的なシーンが本作のテーマの起点となっていることを明かす。

また、『村の花嫁』の声優陣には、英語吹き替え版のエフ役を福原かれんが演じており、垪和監督は「日本語を理解する方に吹替をしていただけることに感謝しています。日本人ならではの情緒などを汲み取っていただけたらと思います」と期待するとともに、日本語吹替版のヴァン役を演じる上川隆也とは高校時代の友人であることを明かし、「いつか一緒の仕事・・いや、自分の監督作に出てもらうことが目標の一つでした」と本作でクリエイターとしての目標が一つ達成したことを明かした。

そして垪和監督は「日本語版ではキャラクターの息遣いや自然の美しさを堪能していただければ幸いです。観終わった後には、エフという新たなジェダイがこれからどんな冒険を繰り広げるのか想像してみてください」と作品を待ち望むファンに向けてメッセージを送った。

声優を務めたヴァン(英吹替名:ヴァルコ)役の俳優・上川隆也は「日本のアニメーションによって新たな『スター・ウォーズ』の物語が描かれる事に快哉を叫びましたが、それにも増して嬉しかったのが高校時代に同じサークルでアニメーションを語り合っていた垪和等氏が監督の一人として名前を連ねている事でした。況してやその作品に出演出来るなど、俳優として過ごしてきた30年余りに対する褒美を賜った様な気分でおります。」と監督への思いを明かし、エフ役の瀬戸麻沙美は本作について「とても大きな企画だなと驚きましたし、キネマシトラスさんの『村の花嫁』のエフ役を任せていただいて、今作に関われたことが嬉しかったです。」と喜びを語る。
アス役の内田雄馬は「いつの時代も『スター・ウォーズ』は僕達をワクワクさせてくれました。今回も、高い熱量を存分に注ぎ込んで制作しております。日本のスタジオから生まれる、新たなる『スター・ウォーズ』をどうぞお楽しみに!」とファンへのメッセージを送った。

>>>『村の花嫁』『タトゥイーン・ラプソディ』場面写真を見る(写真5点)

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』
ディズニープラスにて9月22日(水)16時より独占配信開始
(C)2021 TM & (C) Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

アニメージュプラス編集部