• 『名探偵コナン列車』がリニューアル!探偵勢揃いのデザインに注目
  • 『名探偵コナン列車』がリニューアル!探偵勢揃いのデザインに注目
2021.09.21

『名探偵コナン列車』がリニューアル!探偵勢揃いのデザインに注目

(C)青山剛昌/小学館

鳥取ー米子間ほかを運行する「名探偵コナン列車」は、新デザイン車両での運行を9月18日(土)より開始するのに伴い、同日出発式を行った。

鳥取県は、『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげる先生、『遥かな町へ』『父の暦』の谷口ジロー先生、 そして『名探偵コナン』の青山剛昌先生など、多数の著名な漫画家を輩出している。国際マンガサミットを開催した2012年に「まんが王国とっとり」を建国し、まんがの力を観光や地域振興に活かすさまざまな取り組みを進めている。

「名探偵コナン列車」は「まんが王国とっとり」の建国を記念し、平成24年度に運行を開始。この度、平成27年度から運行していた「ピンク色車両」に代わって、新デザイン車両の運行を開始した。

新デザインは、1編成の2車両それぞれに異なるテーマが設けられ、米子側になる車両はシックで落ち着いた茶色のベースに、作品に登場する探偵たち(コナン、工藤新一、毛利小五郎、安室透、服部平次など)が勢ぞろい。鳥取側の車両には、明るいオレンジ色をベースに、コナンの同級生で構成された少年探偵団が元気いっぱいに描かれている。

また、内装(トイレ入り口)にもコナンと探偵風衣装の工藤新一のイラストを配し、ピクトグラムも工藤新一と毛利蘭を模したイラストになっている。乗った人だけが見られる内装にも注目だ。



さらに、新デザイン車両の登場を記念して、抽選でコナングッズが当たる「ツイッターフォロー&リツイートキャンペーン」も実施! まんが王国とっとり公式アカウントをフォローし、当該キャンペーンの対象ツイートをリツイートして参加しよう。

>>>リニューアルした「名探偵コナン列車」新デザインや内装を見る(写真8点)

(C)青山剛昌/小学館

アニメージュプラス編集部