• NewDays「鉄道の日」にちなみ『駅弁風おにぎり』登場!
  • NewDays「鉄道の日」にちなみ『駅弁風おにぎり』登場!
2021.10.10

NewDays「鉄道の日」にちなみ『駅弁風おにぎり』登場!

「鉄道の日」にちなみ、駅弁会社監修の『駅弁風おにぎり』登場!

JR東日本クロスステーションは、10月14日「鉄道の日」に合わせて2021年10月12日(火)~11月1日(月)の間、リテールカンパニーが運営する「NewDays」「NewDays KIOSK」と、フーズカンパニーが運営する「駅弁屋」において『駅弁風おにぎり』シリーズ第一弾を販売する。

山形県産米「どまんなか」の上に味付けされた牛そぼろと牛肉煮をのせた牛丼風お弁当『牛肉どまん中』、味と陶器の両方で楽しめる “具だくさん” お弁当『ひっぱりだこ飯』、そして50年以上も前から子供から大人まで楽しめるロングセラー商品『チキン弁当』が第一弾に選ばれた。

これまで「NewDays」では、コンビニおにぎりの常識を変えるスゴく新しい “おにスゴいおにぎり”、略して『スゴおに』など注目のおにぎりを販売してきたが、「JRグループの “食” として最も親和性の高い “駅弁” を、より手軽に楽しめるおにぎりの形で提供したい」という想いと、「駅弁屋」の運営のほか、弁当事業や食品製造事業を展開するフーズカンパニーと2021年4月の統合により事業の垣根を越えて実現した取り組みとなる。また、駅弁を販売する会社として、駅弁会社に声をかけ、各社の協力により「駅弁会社が監修したおにぎり」として自信を持って提供できる商品が実現した。

「コロナ禍で旅行に行く機会が減ってしまった方、駅弁を食べる習慣がなかった若い方々に食べてもらいたい」(リテールカンパニー商品戦略部デイリー食品ユニット担当者)、「なかなか実現できなかった企画だったので、最初に話を聞いた時、とてもワクワクしたことを覚えています」(フーズカンパニー商品戦略部企画・商品開発グループ担当者)と各担当者の想いが込められたコラボおにぎりになっている。

<『駅弁風おにぎり』シリーズ第一弾>
『牛肉どまん中風おにぎり』300円(税込)
山形県産米「どまんなか」を炊き上げ、甘辛く味付けした牛そぼろと牛肉煮を合わせた駅弁「牛肉どまん中」をイメージしたおにぎり。「牛肉どまん中」の甘辛い味付けが特徴的なので、おにぎりにした時の甘さのバランスに細心の注意をはらいながら製作した。

『ひっぱりだこ飯風おにぎり』280円(税込)
穴子、野菜をたっぷり合わせたご飯で、たこ煮を包んだ「ひっぱりだこ飯」をイメージしたおにぎりで、噛むごとに旨みが広がる。駅弁の “具だくさん” を再現するため、食材選びや配合量を工夫して、可能な限り具沢山に仕立てた。

『チキン弁当風おにぎり』240円(税込)
昭和39年の東京オリンピック時に発売された「チキン弁当」をイメージしたおにぎり。当時から変わらぬ鶏唐揚とトマト風味ライスの組み合わせが人気の、子供から大人まで楽しめるおにぎりで、ドライトマトオイル漬けの酸味がアクセントになっている。唐揚げが落ちないように気を付けながら食べよう。

【販売箇所】
・NewDays、NewDays KIOSK ※一部販売していない店舗あり。
・東京駅「駅弁屋祭グランスタ東京店」ほか7店舗、上野駅「駅弁屋匠エキュート上野店」ほか2店舗、新宿駅「駅弁屋頂」ほか2店舗、大宮駅「駅弁屋旨囲門エキュート大宮店」他

アニメージュプラス編集部