• 謎多き『ツタンカーメン王』がfigmaになって蘇る!
  • 謎多き『ツタンカーメン王』がfigmaになって蘇る!
2021.10.26

謎多き『ツタンカーメン王』がfigmaになって蘇る!

謎多き『ツタンカーメン王』がfigmaになって蘇る!

アクションフィギュアシリーズ「figma」は「ツタンカーメン王」を可動フィギュア化した「figma ツタンカーメン」を2021年10月26日(火)から予約開始した。

「figma」はPVCスタチューと可動フィギュアがそれぞれ実現していた「美しさ」と「可動」、この2つの完全な両立を目指す新世代アクションフィギュアシリーズ。2次元キャラクター造型を得意とする「MAX FACTORY」と、キャラクターに演技させ、生命を吹き込むことに長けたフィギュアアーティスト 「浅井真紀」とが手を組み、「ヒーロー、ヒロイン達が手の平で自由に動く感動」を創造する。
そんな「figma」の “触って遊べる芸術作品” テーブル美術館シリーズより、世界各国の様々なアートを立体化した、テーブル美術館−分館−が登場!

第三弾は、考古学史上最大の発見と言われた古代エジプト、ファラオの墓から発掘された「ツタンカーメン」。黄金に輝く棺、そして黄金マスクを、細部に至るまで緻密に再現した。差し替え式の頭部や多様な手首パーツが付属し、スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツでさまざまなポージングが可能だ。また、さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。
なお、本商品はグッドスマイルカンパニーが販売、FREEingが発売を担当する商品となる。

古代エジプトのなぞ多きファラオ「ツタンカーメン」、その魅力を是非とも手元で体感してほしい。

さらに、figma「考える人」が考え続けて3次再販決定! 「地獄の門」と呼ばれる巨大な門の頂きで詩想に耽る男の像は、教科書でもおなじみの彫刻作品のひとつ。可動させる事で見えてくる、偉大な芸術作品の新たな魅力を堪能しよう!

>>>「figma ツタンカーメン」、「figma 考える人」ポーズイメージを見る(写真6点)

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事