• ウルトラマンを好きでいてほしい! 寺坂頼我&濱田龍臣 対談
  • ウルトラマンを好きでいてほしい! 寺坂頼我&濱田龍臣 対談
2021.10.30

ウルトラマンを好きでいてほしい! 寺坂頼我&濱田龍臣 対談

寺坂頼我さん(左)と濱田龍臣さん(右) 撮影/真下裕(Studio WINDS)

好評放送中の『ウルトラマントリガー』、物語も中盤を過ぎ、アブソリューティアンまでがトリガーの世界に現れ、トリガーと激闘を繰り広げるなど、怒涛の展開となっている。時期は少し前になるが、マナカ ケンゴを演じる寺坂頼我さんと、ウルトラマンとして先輩にあたり、心からのウルトラファンである朝倉リクを演じた濱田龍臣さんで、『ウルトラマントリガー』のことはもちろん、先輩後輩対談をお届けする。

>>>お二人の撮りおろし写真を見る(写真16点)

◆寺坂さんは正統派!◆

――お二人は今回が初対面とお聞きしました。

寺坂 はじめまして! SNSは見ていました。

濱田 僕も。あとは配信番組を観ました。

――お互いの第一印象、もしくは会うまでに抱いていた印象を教えてください。

寺坂 長く芸能界にいらっしゃる大先輩。しかもウルトラマンとしても大先輩ですし、ウルトラマンシリーズにも詳しい。現場でも度々お名前を聞くことが多いです。龍臣プロ” って呼ばれていました。

――どういうときに濱田さんのお名前が出るんですか。

寺坂 例えばSNSで『ウルトラマントリガー』の商品告知が発表されると、龍臣さんがすぐ反応しているので、「さすがだよね、チェック速いよね。もう いいね” きたもん」とか。あとはアフレコの現場でも、濱田さんはこういう風にしたら結構良かったよ、とかスタッフの方に教えていただいたこともあります。僕の中では憧れの先輩です。

――実際に会われていかがですか。

寺坂 すごく優しいんです。今後も仲良くしていただきたいと思っています。いろいろお話をお聞きしたいですね。

濱田 ウルフェスのショーの前の「『トリガー』やります!」っていう動画など、たくさん見させていただきましたが、元気だなって。ニュージェネの先輩たちを悪く言うわけじゃないですが、「まともそうな人が来たな」って(笑)。

――「まとも」ってどういうことですか。

濱田 『ウルトラマンギンガ』から僕まで変な人が続いて(笑)、そこからゆるふわ系な印象の人が続いているんですよね。カツ兄とイサ兄(『ウルトラマンRB』の湊カツミ役・平田雄也さんと湊イサミ役・小池亮介さん)も結構ふわふわしていて、アサヒちゃん(同じく『RB』の湊アサヒ役・其原有沙さん)もふわふわですよね。寺坂さんはしっかりしているところは本当にしっかりしている。そういうイメージがすごくありました。変身バンクを見ると、キマってる! 格好いいなって思いました。変身アイテムを掲げるタイプに憧れていたこともあって、「いいなぁ」って思っていました。

――ある種正統派っていう感じですね。

濱田 そうですね。マナカ ケンゴは笑顔を大切にしているというキャラクターもあってか、お芝居も見させていただいて、正統派だなっていうイメージです。

寺坂 今日は本当に気持ちよく寝られそうです(笑)。すごく嬉しいです。『ウルトラマントリガー』をやるにあたって、もちろん『ウルトラマンジード』を観させていただきました。ウルトラマンとして似ている部分があると思うので、すごく参考にさせていただきました。

C)円谷プロ (C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事