• 『86―エイティシックス―』に流れる子守唄をリーガルリリーに聞く
  • 『86―エイティシックス―』に流れる子守唄をリーガルリリーに聞く
2021.11.13

『86―エイティシックス―』に流れる子守唄をリーガルリリーに聞く

リーガルリリー:左から、ゆきやま(Dr.)、たかはしほのか(Vo.Gt.)、海(Ba.)

リーガルリリーが10月10日から先行配信されたTVアニメタイアップシングルとなる2ndシングル『アルケミラ』を11月24日にリリースする。

本作は、TVアニメ『86―エイティシックス―』の第2クールEDテーマとなっており、初回生産限定盤には、くるりの『ばらの花』のカバーを含む3曲と、2021年7月にLIQUIDROOMにて開催されたワンマンライブをDVDに収録。期間生産限定盤は「86―エイティシックス―」の描き下ろしイラストジャケットとなっており、DVDにはアニメ映像を用いたコラボムービーが収録されている。
『86―エイティシックス―』の物語に寄り添うように作られた『アルケミラ』の制作過程について、たかはしほのか(Vo.Gt.)、ゆきやま(Dr.)、海(Ba.)の3名に思いを語ってもらった。

――アニメ『86―エイティシックス―』の第2クールEDテーマの依頼を受けてどんなお気持ちでしたか。
たかはし 中学生くらいの頃はアニメをよく観ていたのでオープニングやエンディングの曲を覚えることも多くて、アニメソングをよく聴いていた時期もありました。バンドとして歌いはじめた中学3年生くらいの頃から、何かしらアニメにも携われたらいいなと思っていたので、夢に一歩近づけた感じがしてとても嬉しいです。

ゆきやま 小・中学生のときって、自分の中に入ってくる音楽がアニメやドラマの主題歌だと思うので、そんな心に与える影響が大きいアニメの楽曲に携われることは嬉しかったですね。ほのか(たかはし)もアニメの楽曲がひとつの夢だったと話していますが、「ついにやるのか」という気持ちでしたね。

 ふたりも話していたように「アニメ楽曲もできたらいいね」って、3人で話していて、リーガルリリーとしてのひとつの夢だったので、率直にすごく嬉しかったです。作品に寄り添って楽曲を作ることをあまりやってこなかったので、その難しさはあったんですが、いい経験になったと思います。

――2ndシングル『アルケミラ』の制作エピソードや、タイトルに込められた意味などあれば教えてください。
たかはし コロナ禍になってから夜眠れない状況が続いて、そのときに子守唄みたいな歌があれば、自分のためにいいなって思ったのが動機で曲の発想ができました。
題名の『アルケミラ』(和名:羽衣草)は花の名前です。花言葉に「献身的な愛」などがあり、英名では「レディースマントル」(葉の形が聖母マリアのマント)という聖母マリアの名前で呼ばれています。中世のヨーロッパでは不思議な力、治す効果があると言われて錬金術としても使われていました。羽衣に……、私の家の中では布団なんですけれど、そういう守られるものに、包まれて安心して眠りたいという思いを込めて作りました。

ゆきやま 私はドラムの話になるんですが、この曲が送られてきたときは、ギターの弾き語りですごく滑らかな曲だったんです。これをどういう曲にしたいんだろうって思いながらスタジオに行ったら、エレキギターでめちゃめちゃ弾き始めて……「そっちの方向でいいんだ」って思って(笑)。アニメサイドから爆撃とか、そういうヒントを貰っていたので、ドラムでは優しい側面を出しつつ、爆発力があるものができましたね。

 私も送られてきた音源を聴いたときに、すごくゆっくり、ふんわりとした曲になるのかなって思っていたのですが、3人で音を合わせたときに、試行錯誤をしたわけではなく自然と現在の形になっていたので、やっぱり共通認識があったのかなと思いました。賛美歌というか、弔うような少し神聖さを加えたような曲になればいいなと思っていたので、「激しさと包容力」を表現に込められたらと思いながら作りました。


櫻井靖之