• 舞台『千と千尋』橋本環奈&上白石萌音がお互いに覚えた安心感
  • 舞台『千と千尋』橋本環奈&上白石萌音がお互いに覚えた安心感
2021.11.11

舞台『千と千尋』橋本環奈&上白石萌音がお互いに覚えた安心感

(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

12月9日、舞台『千と千尋の神隠し』の制作発表が東京都内で行われ、千尋役をダブルキャストで演じる橋本環奈、上白石萌音が報道陣の前でその意気込みを語った。

宮﨑駿が監督を務めたスタジオジブリの作品が、東宝創立90周年を記念して舞台化、2022年3月より、東京・帝劇にて世界初演される。会見には千尋役の橋本環奈、上白石萌音、ハク役の醍醐虎汰朗、三浦宏規、カオナシ役の菅原小春、辻本知彦(※辻のシンニョウは点1つ)、リン/千尋の母役の咲妃みゆ、妃海風、釜爺役の田口トモロヲ、橋本さとし、兄役/千尋の父役の大澄賢也、湯婆婆/銭婆役の夏木マリ、朴璐美、そして翻案・演出のジョン・ケアード、共同翻案の今井麻緒子、池田篤郎(東宝常務執行役員演劇担当)が登壇した。

会見後の囲み取材は、改めて今回初共演となる千尋役の二人に大きな注目が集まった。まずは、解禁となったポスタービジュアル2種に関して。

――完成したお互いのポスターを見て、どんな感想を持たれましたか。

橋本 (ポスターは)同じ日の撮影だったんですが、先に撮影された萌音ちゃんの写真を見せてもらったんですよ。その時に「あ、私と違うパターンで撮るんだ」と初めて知ったんです。
大きく伸ばされたポスターを今日改めて見て「(舞台が)始まるんだな」というワクワク感と、そこに自分が千尋として飾れた喜びがあります。萌音ちゃんも、今会っている雰囲気と違っていて、凄いなと思いました。

上白石 当たり前なんですけれど「まあ、可愛い」と(笑)。1枚の絵として素敵だなと思います。お花も本物なんですよね?

橋本 そうです、そうです。

上白石 先にセットだけ見ていて(橋本さんに)似合うんだろうなぁ、って。甚平みたいな作務衣みたいな服もすごくお似合いだし、早くこの姿で動いている環奈ちゃんを観て、私も刺激を貰いたいと思ってワクワクしています。

――ご自身のポスターに関しては?

上白石 私、小さい頃から「顔が千尋に似ている」って言われていたんです。目が離れているのが自分でも似てるな、と思っていて(笑)、あとは内面も千尋に寄っていきたいなと思っています。

――環奈さんと萌音さんは今回が初共演とお聞きしていますが、お互いの印象は?

橋本 ずっとお会いしたいと思っていたんです。プライベートでは妹の萌歌と仲が良いので話は聞いていて。

上白石 そうなんですよね。

橋本 やっと先日『24時間テレビ』で初めてご挨拶させていただいて。テレビで観ていて歌声や演技が素敵だなという印象だったんですが、お会いしてみて本当にまっすぐで裏表がなく、紳士的な目線で見てくださっていたんですね。年齢が一つしか変わらない同世代なので、一緒に走っていけると思うと心強いなと思いました。

――紳士的な目線って何ですか?

橋本 何て言ったらいいんだろう(笑)? 大人びているのに純粋、優しいのに力強さがある気配りだったり……内面から出てくるものだと思います。一緒にいると安心感を覚えるんですよ。

上白石 私も本当に安心感があります。初舞台、しかも主役で帝劇なんて凄いことじゃないですか? 私だったら足がガクガクなっちゃうと思うんですけれど、本当に頼もしくて。いろんな作品で真ん中に立って引っ張ってこられた方でもありますし、名実ともに若い人たちの先頭を切ってくれているような勇ましさがあるので、私の方が支えてもらったり「落ち着いて」と言ってもらうことが多くなったりするのかな。

私結構緊張しいなんですけれど、さっき環奈ちゃんが「初めて緊張してます」と言ったのがめちゃくちゃ衝撃的で、「あ、この相方だったら全てを委ねられる」という安心感があります。だけどきっと、全然タイプが違う千尋になると思います。同じところを目指しても、それぞれの違うところが出たりとか、また違ったアプローチになると思うので、環奈ちゃんが稽古する姿を見ていろんなものを貰いながら、私もしっかりと千尋になれたらいいなと思います。

橋本 とにかく「ここまで来たらやるしかない!」という気持ちで今日ここに立たせて頂いて、現実味が湧きました。初めての舞台に立って皆さんの前に生きた千尋を届けられるよう、頑張りたいなと思います。

上白石 今日が来るまでずっとドキドキしていたんですけれど、この会見も和やかで、皆さんの明るいお人柄に触れて、もう稽古が楽しみになってきました。ジョンはいつも遊ぶように演出を付ける方で、その稽古場がクリエイティブでとても大好きなので、ひとつひとつ楽しんで、皆さんに素敵な舞台を届けられるように頑張ります。宜しくお願い致します。

>>>アニメ『千と千尋の神隠し』での千尋、囲み取材の様子を見る(写真7点)

(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

アニメージュプラス編集部