• ワンフェスにゴジラ降臨! 週刊『ゴジラをつくる』完成版プロトタイプは迫力抜群!
  • ワンフェスにゴジラ降臨! 週刊『ゴジラをつくる』完成版プロトタイプは迫力抜群!
2019.07.31

ワンフェスにゴジラ降臨! 週刊『ゴジラをつくる』完成版プロトタイプは迫力抜群!

あなただけのリアルゴジラを作れちゃう! TM & (C) TOHO CO., LTD.

2019年7月28日(日)に幕張メッセで開催されたガレージキットの祭典『ワンダーフェスティバル 2019[夏]』にて、2019年8月27日(火)にデアゴスティーニ・ジャパンから創刊される週刊『ゴジラをつくる』で組み立てられる1/87スケールのリモートコントロール・モデルの初代ゴジラの完成版プロトタイプが初お披露目された。




全高約60cm、全長約90cmのリモートコントロール・モデル初代ゴジラはインパクト抜群。会場に集まったゴジラファンからは「思っていたより大きくて、すごい迫力!」「圧倒的存在感!」など感嘆の声が上がった。

また、会場にはゴジラ造形の第一人者である酒井ゆうじによって着色・仕上げ作業が行われた原型モデルの展示も行われ、その圧倒的な再現性やディテールも注目を浴びた。


次回、8月24日(土)・25日(日)に幕張メッセで開催されるキャラクターとホビーの文化を融合させた、日本最大級の参加型エンターテインメントイベント『C3AFA TOKYO 2019』でも週刊『ゴジラをつくる』完成版の展示を行う予定だ。


週刊『ゴジラをつくる』をチェック!

■大迫力のリモートコントロール・初代ゴジラ


週刊『ゴジラをつくる』は全高60cmの大迫力スケールで組み立てられるパーツ付きクラフトマガジン。2019年8月27日(火)に発売予定で、全国書店及びデアゴスティーニのホームページにて購入できる。



クラフトで作れるゴジラはリモートコントロールで操作ができ、歩く・光る・吠える・音楽再生など、さまざまなギミックを楽しむことができる。
さらにパーツを組み立てると、リモコン操作で歩き、吠え、背ビレが発光する多彩なギミックを搭載した、これまでにないハイクオリティなゴジラが完成!
外皮原型の制作・造形の監修はゴジラ造形の第一人者である酒井ゆうじ氏。内部構造はR/C模型のトップメーカー・京商が製作をしている。

■読み応え抜群! さまざまな視点から『ゴジラ』を解説

マガジンでは7つの章でゴジラの世界を徹底解説! 創刊号には特別対談も掲載される。
毎号付いてくるマガジンは、「ゴジラ映画クロニクル」「ゴジラ大研究」「西川伸司のゴジラ大解剖」「ゴジラとその時代」「ゴジラ・トリビア」「ゴジラ・ギャラリー」「組み立てガイド」の7つのテーマから構成。
数多くのゴジラ作品の紹介、製作の舞台裏など「ゴジラ」をとことん掘り下げて紹介していく。



数々のゴジラ作品の怪獣デザインを手掛けた西川伸司氏がイラスト&コメントでユニークな視点からゴジラや怪獣を解説する「西川伸司のゴジラ大解剖」や「ゴジラの鳴き声はどうやって作ったの?」「ゴジラは飛べる?」といった、「ゴジラトリビア」など、ゴジラを徹底分析。

■全100号で完結! ディスプレイも考慮された週刊『ゴジラをつくる』

80号で完成するリモートコントロール・ゴジラ本体を組み立てるだけではなく、75号からは完成したゴジラをより魅力的にディスプレイできるジオラマパーツも提供。完成後のゴジラを専用コントローラーで動かして楽しむことはもちろん、ジオラマと一緒にディスプレイする楽しみも提案していく。

TM & (C) TOHO CO., LTD.

【書籍概要】
週刊『ゴジラをつくる』

価格:創刊号特別価格490円(8%税込)/第2号以降通常価格1843円+税
創刊日:2019年8月27日(火)
※一部地域により異なります
刊行周期:週刊
刊行号数:全100号(予定)
※リモートコントロール・ゴジラ本体は80号で完成します

アニメージュプラス編集部