• 『ドロヘドロ』追加キャラ・ジョンソンを木村良平、13を梶裕貴が担当!
  • 『ドロヘドロ』追加キャラ・ジョンソンを木村良平、13を梶裕貴が担当!
2020.02.10

『ドロヘドロ』追加キャラ・ジョンソンを木村良平、13を梶裕貴が担当!

(C)2020 林田球・小学館/ドロヘドロ製作委員会

1月より放送中のTVアニメ『ドロヘドロ』。個性的なキャラクターたちがたくさん現れる中、6話に登場する ホールの魔法のケムリの混じった下水によって巨大な怪物と化した虫・ジョンソンを木村良平、7話に登場する「空腹虫(ハングリーバグ)」常連のホールの住人・13(サーティーン)役を梶裕貴が担当することが発表された。キャストからはコメントも到着している。

2000年の連載開始から18年にわたって愛され続けた林田球の『ドロヘドロ』(全23巻)。唯一無二の世界観によって国内外で熱狂的なファンを獲得し人気を誇っている。
そのあまりにショッキングでカオスな内容が故に、映像化不可能と思われていた衝撃作が、『どろろ』『ゾンビランドサガ』などハイクオリティで挑戦的な作品を数多く手掛けてきたMAPPAによって奇跡のTVアニメ化! そのハイクオリティの映像と、心を掴んで離さない唯一無二の魅力で話題沸騰中だ。

明るくカラッとしたキャラクターたちによる、軽快で楽しそうな掛け合いも『ドロヘドロ』の魅力の一つ。個性的なキャラクターたちがたくさん現れる中、さらにショッキング! なキャラクターたちが登場する。

6話に登場するホールの魔法のケムリの混じった下水によって巨大な怪物と化した虫・ジョンソンを木村良平、7話に登場する「空腹虫(ハングリーバグ)」常連のホールの住人・13(サーティーン)役を梶裕貴が担当!
自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想とファンに向けてのメッセージも到着した。

また、5話で流れた(K)NoW_NAMEによる新エンディングテーマ『D.D.D.D.』が各配信サイトでの配信がスタート。さらに5話エンディングのノンクレジット映像も公開に!
さらに『Who am I ?』『Night SURFING』『D.D.D.D.』などを収録したエンディングテーマアルバム『混沌(カオス)の中で踊れ』のジャケット写真も解禁となった。
配信サイトの詳細は、(K)NoW_NAME公式サイトをチェック!

(C)2020 林田球・小学館/ドロヘドロ製作委員会

アニメージュプラス編集部