• 『啄木鳥探偵處』第四話あらすじ&場面カット到着! 幽霊目撃騒動は解決するのか…!?
  • 『啄木鳥探偵處』第四話あらすじ&場面カット到着! 幽霊目撃騒動は解決するのか…!?
2020.04.28

『啄木鳥探偵處』第四話あらすじ&場面カット到着! 幽霊目撃騒動は解決するのか…!?

(C)2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会

2020年4月13日(月)よりTOKYO MX、BSフジほかにて放送を開始した、TVアニメ『啄木鳥探偵處(きつつきたんていどころ)』。このたび、5月4日(月)より放送予定の第四話のあらすじ&先行カットが公開された。

『啄木鳥探偵處』は、伊井圭の同名小説を原作とする探偵ミステリーアニメ。明治時代の東京を舞台に、『一握の砂』などで知られる、人たらしの天才歌人・石川啄木(CV:浅沼晋太郎)と親友の金田一京助(CV:櫻井孝宏)が事件を紐解いていく物語だ。

第四話では、明治時代に「浅草十二階」の愛称で親しまれた眺望用高層建築物での幽霊目撃騒動が発端となって物語が展開していく。
未だ夜の闇が濃い文明開化の東京で巻き起こる事件とは…?
放送を楽しみに待とう!

<第四首「高塔奇譚」>
連日新聞を賑わす凌雲閣の幽霊目撃騒動。浅草を仕切る六郎は、啄木に真相究明を依頼する。現場へ向かった啄木は、旧友の元新聞記者・山岡と再会。啄木は幽霊騒動に山岡が関わっていると見抜くが、山岡は「ノドノツキ」と言い残して去ってしまう。一方、幻燈師の松吉が殺されるという事件が起きる。松吉は二か月前の婦女暴行事件の第一発見者であった。啄木は2つの事件の関連性を調べ始める。
第四首「高塔奇譚」先行カット
<スタッフ>
脚本:岸本卓
絵コンテ:木村寛、牧野友映
演出:木村寛
総作画監督:原修一
作画監督:大河内忍、高橋敦子、三好和也

(C)2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会

アニメージュプラス編集部