• 『ノブレス』第12話、ライジェルたちはセーラとゲシュテルを救えるか
  • 『ノブレス』第12話、ライジェルたちはセーラとゲシュテルを救えるか
2020.12.20

『ノブレス』第12話、ライジェルたちはセーラとゲシュテルを救えるか

(C)Noblesse Animation Partners

10月7日(水)より放送中のTVアニメ『NOBLESSE -ノブレス-』の第12話あらすじ、新規場面カットが到着した。

韓国の「NAVER WEBTOON」にて約11年間の連載と共に累計閲覧が46億回を突破し、日本の「LINEマンガ」をはじめとする世界を唸らせた超人気ウェブコミック『ノブレス』。絶対的な力を持つ「NOBLESSE」×世界征服を狙う謎の組織「ユニオン」×人間を守り支配する「貴族」など、魅力的なキャラクターたちによるダークアクションファンタジーだ。

絶対的力を持つ存在である守護者「NOBLESSE」のライジェル(カディス・エトラマ・デ・ライジェル)は、820年の長い眠りから目覚め、芸欄(イェラン)高校に学生として通い、初めて平穏な生活を味わう。主人公・ライジェルが日常を満喫していると、謎の組織「ユニオン」からの刺客、改造人間が現れ平穏な日常に終わりを告げることとなる…。

第12話は12月23日(水)よりTOKYO MX、BS11にて放送開始。あらすじ、場面カットはこちら!

<第12話 「全ては、正しくあるために/Execution」>
聖地に向かうライジェルたちの前に、強敵が立ち塞がる。
一方、投獄されていたセーラはゲシュテルの強制永眠を防ぐために脱獄を図る。
ライジェルたちはセーラとゲシュテルを守るため、それぞれの想いを秘め激しい戦いが繰り広げられる。
セーラとゲシュテルを救うことができるのか……?



脚本:谷村大四郎  絵コンテ:安彦英二
演出:小笠原一馬、松澤健一
総作画監督:石井明治、菊池政芳
作画監督:鈴木明日香、植田実、山口飛鳥、中島裕里、蘇武裕子、石井明治、佐光幸恵、濱中朋子、樋口靖、万年麻美、菊池政芳、畠山元、宮野健

>>>『ノブレス』第12話の先行カットを全部見る

(C)Noblesse Animation Partners

アニメージュプラス編集部