• 『マジンガーZ』『ゲッターロボ』ラベルのウイスキーが登場!
  • 『マジンガーZ』『ゲッターロボ』ラベルのウイスキーが登場!
2021.02.28

『マジンガーZ』『ゲッターロボ』ラベルのウイスキーが登場!

(C)Go NagaiDynamic Planning (C)Go Nagai・Ken IshikawaDynamic Planning



【商品概要】
①『マジンガーZ』ラベル/シークレットスペイサイド1997
販売価格 2万3000円+税
総本数268本。700ml。熟成年数23年。アルコール度数51.9%。
②『ゲッターロボ』ラベル/ウィリアムソン2006
販売価格 2万3000円+税
総本数215本。700ml。熟成年数14年。アルコール度数52.8%。
ともに原材料はモルト。原産地はスコットランド(英国)。

<発売日>
2021年3月22日(月)昼12時より

<購入方法>
ウイスキー専門サイト【WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)】>>>
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。
※小学館集英社プロダクションは通信販売酒類小売業免許を付与されています。
※おひとり様各1本までの購入とさせていただきます。
※返品不可。
※適正価格でひとりでも多くの方にご購入いただきたいため、転売目的でのご購入はおやめください。オークション等で二次購入された商品は、品質・安全性を保証いたしません。

<テイスティングコメント>
①シークレットスペイサイド1997
アロマ:梅味のアメ。背後にオレンジとメロンなどのフルーツ。徐々に麦芽の殻のニュアンスが出てくる。
フレーバー:しっかりとしてスパイシー。麦芽の主張が強い。ボディは厚く、クリーミーなフィニッシュが長く続く。
総合評価:スペイサイドのロールスロイスと言われたモルト。バーボン樽熟成だが、重厚感がある。

②ウィリアムソン2006
アロマ:しっかりとしたスモーキーさと、透明感のあるフルーティさが拮抗している。甘く、心地よいハチミツとシナモンが背後にある。
フレーバー:潮風を浴びた、ピート焚きした麦芽。甘さとフルーティさが存在感をましていく。非常にスムーズ。加水するとさらに綺麗にまとまる。
総合評価:好きか、嫌いかが分かれるというモルトだが、これは好きな人が多いだろう。素晴らしいアイラモルト。

<ウイスキー評論家・山岡秀雄氏>
世界的なネットワークを持っており、「Collecting Scotch Whisky」で世界のウイスキーコレクター16人のうちのひとりに選ばれた。また、海外のノージングコンテストで8回の優勝歴あり。
著書にDVDBOOK『シングルモルトのある風景』(小学館)などウイスキーに関する著書・翻訳書多数。ジャパニーズウイスキーに関する初の包括的ガイドブック『ウイスキー・ライジング』(小学館)も発売中。

(C)Go NagaiDynamic Planning (C)Go Nagai・Ken IshikawaDynamic Planning

アニメージュプラス編集部