• 4/22はアースデイ!地球環境を考慮した『ディズニー』商品が展開
  • 4/22はアースデイ!地球環境を考慮した『ディズニー』商品が展開
2021.04.22

4/22はアースデイ!地球環境を考慮した『ディズニー』商品が展開

(C)Disney

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、4月22日(木)のアースデイに向け商品合計300種類以上を販売する特別イベントを、「ヘルシーテイメント」の一環として実施する。

アースデイは、地球環境について考える日として1970年に提案された記念日。「ヘルシーテイメント」とは、人や社会や地球を健康にする活動を、エンターテイメントの力を使って楽しい体験へと昇華させさらに推進していくための取り組みだ。

ディズニー公式オンラインストアshopDisney(ショップディズニー)では、再生ポリエステルやオーガニックコットンを使用したエコバッグやタオルなどを始め、タンブラーや宅配ボックスなど、直接・間接的に地球環境を考慮した、多ジャンルにわたるライセンス商品200種類以上を販売。

また阪急うめだ本店では、ディズニーのベビー・マタニティグッズ専門ブランド「ディズニーベビー」の期間限定ショップをオープン。自然に囲まれたミッキーマウスたちのキャラクターを特別にデザインした、オーガニックコットン/リサイクルコットン製のファッションや雑貨、キッズ&ベビー商品をフロア全体で提案している。

ファッションブランド「ANREALAGE」からは、「ONE SIZE FITS ALL」のコンセプトのもと開発された、サイズによって選択されない洋服のあり方を見直し、廃棄量の削減を目指す商品も発売している。
さらに、食品廃棄物から生まれた染料で彩られた布や服、アクセサリーを展開するプロジェクト「FOOD TEXTILE」とディズニーストアの初の共同企画商品も発売する。


さらにアースデイに合わせて、ディズニーのクラシックドールのラインは、プラスチックを使用しない新しいパッケージで、 shopDisney.com、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、北米のディズニーストアで販売されるようになり、ディズニーランド・リゾートでも販売されることが米国本社で発表。
このプラスチックフリーのパッケージは、100%リサイクル可能な持続可能な紙で作られており、簡単に開けることができ、人形を飾る小道具として使って遊ぶことや、文房具や小さなおもちゃなどを収納するものとして再利用することもできる。

このプラスチックフリーのパッケージに入ったクラシックドールは、今年の後半に世界各地の店舗で販売される予定とのこと。詳細情報は米国本社のホームページをチェック!

アースデイのために特別に企画されたディズニー商品のイベントを通じて、地球の大切さを身近に感じ、その未来について考える機会にしよう!

>>>商品ラインナップを見る(写真13点)

(C)Disney

アニメージュプラス編集部