• 俺の背後で飲むか?『ゴルゴ13』ウイスキー、夏の夜にぴったり!
  • 俺の背後で飲むか?『ゴルゴ13』ウイスキー、夏の夜にぴったり!
2021.07.01

俺の背後で飲むか?『ゴルゴ13』ウイスキー、夏の夜にぴったり!

(C)さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館

2021年7月15日(木)昼12:00より、さいとう・たかをによる人気漫画『ゴルゴ13』ラベルの限定シングルモルト・ウイスキーが、ウイスキー専門サイト「WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)」にて発売される。

ついに、単行本史上最多巻数となる『ゴルゴ13』201巻が発売!! その偉業を讃えるグレンファークラスの逸品が発売される。

『ゴルゴ13』は、さいとう・たかをによる漫画作品で、1968年から「ビッグコミック」誌上で連載を続けられているビッグタイトルだ。

本作の主人公・デューク東郷は、常に冷静沈着、正確無比の狙撃で依頼された仕事を遂行する、世界を舞台に暗躍する超A級スナイパー。そのクールで謎めいたキャラクターが多くのファンを魅了し続けている。
この7月には単行本201巻が発刊され、単一の漫画シリーズとして最も発行巻数が多い作品という歴史的記録が更新される。

半世紀を超える連載継続と単行本最多巻数いうコミック界の金字塔を打ち立てた『ゴルゴ13』。その歴史的偉業に祝杯をあげるならこれを――と、ウイスキー評論家の山岡秀雄が選んだグレンファークラスは、「2009」のシングルカスク。
オーナーの六代目ジョージ・グラントから提供された複数の樽サンプルの中から、これは素晴らしい! と絶賛したカスクだ。

グレンファークラス蒸溜所は1836年創業。スコットランドのスペイサイド地域にある蒸溜所で、家族経営で直火炊きなどの伝統的な製法を受け継ぎながらウイスキーを造り続けている。

「『ゴルゴ13』ラベルウイスキー/グレンファークラス2009」は2万4200円(税込)、内容量は700ml、アルコール度数は60.9%。総本数は644本となっている。

伝統を守り、歴史を刻み続けるグレンファークラスで、コミック界の歴史的偉業に静かに祝杯をあげよう。

乾杯!!

☆ゴルゴウイスキーのイメージをみる(写真3点)>>>

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

(C)さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館


アニメージュプラス編集部