• 10月アニメ『月とライカと吸血鬼』本PV&キャストコメント公開!
  • 10月アニメ『月とライカと吸血鬼』本PV&キャストコメント公開!
2021.08.21

10月アニメ『月とライカと吸血鬼』本PV&キャストコメント公開!

(C)牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

2021年10月放送開始予定のアニメ『月とライカと吸血鬼(ノスフェラトゥ)』の本PVが公開された。メインキャストのコメントも到着した。また、9月4日には、オンライン先行上映会も開催される。

『月とライカと吸血鬼』は、牧野圭祐の同名原作小説のアニメ化作品。
世界大戦の終結後、東のツィルニトラ共和国連邦と西のアーナック連合王国は熾烈な宇宙開発競争を繰り広げる。共和国連邦は極秘計画「ノスフェラトゥ計画」を発動、吸血鬼の少女イリナ・ルミネスクを宇宙へ飛ばそうとしていた。

本PVでは、よりストーリーに踏み込んだ内容が明かされ、吸血鬼による実験飛行計画を託された吸血姫の少女・イリナ(声・林原めぐみ)とイリナの監視役・レフ(声・内山昂輝)のそれぞれの想いが語られるなど、苦難を乗り越えながら共に宇宙を目指すドラマチックな展開を期待させる映像となっている。
また本PVではレフの他、イリナの医学データの管理を担当する研究員・アーニャ(声・木野日菜)、宇宙飛行士候補生の最有力・ミハイル(声・日野聡)、唯一の女性宇宙飛行士候補生・ローザ(声・小松未可子)など、主要登場人物たちのキャラクターボイスも初公開されている。
吸血鬼の少女と人間の青年が種族の壁を越え、共に宇宙を目指す感動のストーリーと、二人を取り巻く人間ドラマに期待が広がる。

▼『月とライカと吸血鬼』本PV

メインキャストのコメントも到着。イリナ役の林原めぐみは「夢と希望にあふれた宇宙開発の裏にある人間の醜さ、愚かさにも注目です。人種、種族。それは吸血鬼という姿形をかりて、色濃く、今のこの世界にメッセージを投じているように思います」と語っている。

また『月とライカと吸血姫』のオンライン先行上映会が開催決定。
本放送に先駆けて第1話と第2話が上映される。本編上映後はイリナ役・林原めぐみ、レフ役・内山昂輝、アーニャ役・木野日菜、そして横山彰利監督によるアフタートークで本作の魅力をより深堀りする予定だ。
チケット価格1500円(税込)の有料公開となる。

>>>『月とライカと吸血鬼』本PVのカットやキャラクター・キャストを見る(画像28点)

(C)牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事