• 宇宙皇子、テイルズオブシリーズ「いのまたむつみ展」を手塚治虫記念館で開催!
  • 宇宙皇子、テイルズオブシリーズ「いのまたむつみ展」を手塚治虫記念館で開催!
2019.06.24

宇宙皇子、テイルズオブシリーズ「いのまたむつみ展」を手塚治虫記念館で開催!

宝塚市立手塚治虫記念館の第77回企画展「いのまたむつみ展 宇宙皇子、新世紀GPXサイバーフォーミュラから『テイルズ オブ』シリーズまで」 (C)いのまたむつみ

宝塚市立手塚治虫記念館の第77回企画展として、2019年6月28日(金)〜9月1日(日)まで「いのまたむつみ展 宇宙皇子、新世紀GPXサイバーフォーミュラから『テイルズ オブ』シリーズまで」を開催する。

アニメーター出身で、キャラクターデザイナー、マンガ家などを経てイラストレーターとして活躍中のいのまたむつみの企画展。2018年に画業40周年を迎え、昨年から展覧会が開催されているが、西日本では今回が初の開催となる。
本展では、『宇宙皇子』『風の大陸』『小説ドラゴンクエスト』『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『テイルズ オブ』シリーズなどの貴重なイラスト原画が約100点以上展示されるほか、『リボンの騎士』の描き下ろしコラボイラストも公開!! また手塚治虫記念館にて初公開となる原画も展示される。いのまたむつみワールドを堪能できるまたとない機会だ。

いのまたむつみ Profile
神奈川県出身。アニメーター出身、イラストレーター。高校の卒業とともにアニメ制作会社へ入社し、アニメーターとして数々のテレビアニメを担当。キャラクター作りの才能が認められキャラクターデザイナーに抜擢。その後フリーとしての活動を始める。小説『宇宙皇子』シリーズ(藤川桂介・著/角川書店刊)のイラストを担当し、イラストレーターとしても活躍をする。テレビアニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』(サンライズ制作)や、ゲーム『テイルズ オブ デスティニー』(バンダイナムコエンターテインメント制作)のキャラクターデザイン原案を担当する。2018年に、プロとしての創作活動40周年をむかえた。

■企画展概要
【会場】手塚治虫記念館(武庫川町7番65号 JR・阪急宝塚駅、阪急宝塚南口駅)
【会期】2019年6月28日(金)から9月1日(日)まで
【開館時間】9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
【休館日】会期中は7月10日(水)のみ
【入館料】大人700円(560円)、中高生300円(240円)、小学生100円(80円)※カッコ内は10人以上の団体料金
【問い合わせ先】手塚治虫記念館TEL:0797−81−2970(直通)
★関連イベント: 2019年7月14日(日)14時より「いのまたむつみ先生来場 サイン会(定員100名)」を開催! ※参加方法は現在調整中、後日公式HPにて。

<主な展示作品>
・小説『宇宙皇子』
・小説『風の大陸』
・アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』
・小説「小説ドラゴンクエストシリーズ」
・ゲーム「『テイルズ オブ』シリーズ」
・小説「王朝シリーズ」
・アニメ『プラレス3四郎』
・アニメ『セイクリッドセブン』
・コラボ作品『リボンの騎士』 など

手塚治虫記念館公式サイト
https://tezukaosamu.net/jp/museum/

※手塚治虫の「塚」は点が入った旧字が正式表記となります